非正規労働者の増加と割合を知る 派遣社員・パート・請負労働者【一覧】

非正規労働者とは?

非正規労働者というと派遣社員?という風に思います。

非正規労働者には種類があり、それぞれのポジションで呼び名は違います。

非正規労働者

パートタイム

一般的な割合としては一番多いのがパートタイム労働者となります。

企業だけでなく、スーパーなどのレジ打ちのお仕事が
ドラマなどの影響でイメージしやすいかと思います。

主に育児に落ち着いたので時間が有効活用出来るようになり、
空いた時間を利用して労働する人が多いです。

期間従業員

期間従業員は派遣社員との違いでよく話題にあがります。

どちらも非正規労働者ですが、給与が支払われる相手に違いがあります。

臨時的雇用者

1ヶ月以内の労働者のことです。日雇いバイトなどとも呼ばれています。

請負労働者

少しややこしい立ち位置にありますが非正規労働者となります。

雇用は請負業者との契約となりますが、実際の仕事内容は請負業者からとなり、
双方の間に挟まれて正規労働者よりも仕事外でもややこしいポジションです。

非正規労働者は増加の一途

非正規労働者が増加した裏には様々な理由がありますが
「不景気」と呼ばれるこの氷河期はいつまで続くのでしょうか。

>>正規労働者数と非正規労働者数の推移(PDF)

非正規労働者の増加割合

非正規労働者の増加割合

非正規労働者の7割位上が3ヶ月だけ、
1年間だけという有期契約であるとされています。

不景気だけでなく将来にすら不安を感じてしまうので、
非正規労働者は割りきって働く場合が多く、
次へのステップとして捉えている人が多いです。

非正規労働者の割合

現代の日本では実に3人に1人が非正規労働者と言われています。

非正規労働者は、毎年ニュースなどで過去最多・過去最高という文字が
躍っているように、毎年本当に増加しています。

厳しい時代の中で自分のやるべき事を見つけ、
運良く別の可能性を感じる道へと進むことが出来れば良いのですが……。

実際はそれもほんの一握りだと言われています。

非正規労働者の中には正規労働者よりも
優秀で素晴らしい人材はたくさんいらっしゃいます。

非正規労働者

『日本の就活』

日本の就活として話題にもなった動画を含めても、
日本の採用試験には色々と疑問に思う点も多々あります。

毎年行われる事なので都度改善する。
という動きにはなり辛いのかもしれませんが……。

非正規労働者の増加が何か新しい時代の幕開けとなれば良いのですが。

スポンサードリンク

コメントを残す