イチロー 4000本安打達成 名言と記録の舞台裏【伝説として残る成績】

イチロー(鈴木一郎)選手が日米通算4000本安打という偉業を成し遂げました。

イチローにとってはこの大記録さえも通過点

イチローは戦いの場を
ヤンキー・スタジアムに移してからは、随分と変化がありました。

イチロー 4000本安打

イチローの4000本安打を影で支えていた人

私たちファンもそうです。

が、もっと親しい存在である、家族や監督、チームメイト。

個人的には奥様の弓子さんが素晴らしいサポートを。

そして影の立役者!一弓くんですね(^▽^)

イチロー 4000

当たり前のことなのですが、一人でこの偉業を達成する事は出来ません。

いや、イチローならば達成しちゃったかもしれませんが(笑)

イチローは10年連続200本安打という記録で一度涙を飲んでいます。

茂木健一郎さんと対談したプロフェッショナル~仕事の流儀~では、

首位打者を逃した時のイチローの「涙」も公開されています。

イチローの名言

名言と言ってしまえばきっとイチロー本人は、

「普段から思っていることです。」と、華麗にスルーしてしまうと思います。
しかしこれだけの成績を目の前にして、語る一言一言は、

ドラマか?漫画か?と思うことも多々あります。

「4000本のヒットを打つために、8000回以上の悔しい思いをしてきている。その中で、常に自分なりに向き合ってきたという事実はある。誇れるとしたらそこではないかと思う」

4000回の倍!8000回以上の悔しさ……。

それも記録と一緒に積み重ねてきた。

どれほどのプレッシャーなのか私たち一般の人には想像もつきません。

今後30年…いや100年はこの大記録を更新する日本人選手は出ない…。

とも言われています。

ichiro 4000

何よりこの記録はただヒットを打ち続けるだけではありません。

遠征での疲れや体調管理、ケガなどで、

チャンスはあれど逃した選手も沢山いると思います。

強靭な肉体と精神力を日々の鍛錬で作り上げたからこそ。

先のドキュメントでも、

「引退を考える時はどんな時ですか?」

という質問に、

「腹が出たら引退します(笑)」

と、答えるイチロー。

彼の野球人生はまだまだ続きます。

スポンサードリンク

コメントを残す