自転車操業の意味とは?脱出するには家計を上手にやり繰り【まとめ】

自転車操業とは?

自転車操業とは経営状態の事を言います。

自転車操業の意味は その字の如く自転車に見立てて言われています。

自転車は走るのをやめれば倒れてしまう

自転車操業

経営資金の借り入れ、
そして返済を繰り返しながら操業を続ける状態の事です。

外から見れば経営が安定しているように見えて、
すごく儲かっているようなイメージでも、実際フタを開ければ…

自転車操業だった…というのは現代ではよくある話です。

自転車操業の家計

俗に言う「火の車」という状態です。

家が自転車操業状態とも最近では使われます。

家計氷河期という言葉があるくらいで、夫婦が共働きでも、
カードの支払日や住宅ローン、そして子供が居る家庭では、
常に支払いの恐怖や不安に囚われる状態になります。

給料をやり繰りして、足りない分は工面して…
稼いで払って借りて払って……

自転車操業は企業経営の言葉だけではなくなってしまいました。

自転車操業になる原因

自転車操業状態に陥ってしまう原因の一つとして、

ギャンブル

一番多いのが“ギャンブル”によるもの。

次いで“怪我や病気”などが原因で、
安定した収入を得られなくなってしまった…というものです。

ギャンブルはもう言わずもがなですが、
怪我や病気は出来る限り気をつけましょう。

自転車操業を脱出した事例

借り入れ→支払い→借り入れを繰り返すと、
もう正直、考える事が難しくなります。

そして自転車操業状態を続け身体を壊してしまったり、
病気になってしまったりします。

しかし自転車操業から脱出した事例も沢山あります。

一番良いのは法務事務所で、自分の状態を整理してもらう方法。

これが一番確実で、心の不安が吹き飛びます。

目の前が開けて仕事にも打ち込めます。

「これだけをやればいい」とわかれば人間は案外しっかりとしています。

一人で悩んでしまうのが最も危険な状態。

心配な人は“その道のプロ”に頼りましょう!

その為に彼らもまた存在するのですから。

スポンサードリンク

コメントを残す