忘年会・新年会の余興を盛り上げる方法!【ゲーム】大人数・少人数

忘年会・新年会 ゲーム

忘年会のゲームと新年会のゲーム

楽しい時間を仲間と過ごす大事な時間ですが、
最近ではどんどんエスカレートしているとも聞きます。

忘年会・新年会

昔は飲みニケーションという言葉もあり、
年末年始に限らず同僚・上司と飲みに行くことが多かったそうです。

さて、そのメインとしてゲーム大会か余興が決まります。

余興というのは苦手な人にとっては本当に厄介な役回りです。

余興を頼まれた場合は、

ゲームにしちゃって皆で楽しんでしまいましょう。

ベタな仮装やモノマネなども人気ですが、
やはりシラけてしまう事の方が正直多いです(苦笑)

忘年会・新年会用ゲーム

ゲームをするには何と言っても景品

忘年会ゲーム

忘年会・新年会でゲームを行う場合、一番大事なのは景品です。

どんどん盛り上げましょう。

景品例 一覧
  • 旅行券

誰にでも喜ばれます。旅行券チケットでも良いですね。

  • 最新のゲーム機

お子さんがいらっしゃる家庭では鉄板!一人暮らしの男性にもウケが良いです。

  • 金券

女性にはブランドバッグなどではなく、金券が喜ばれますのでお間違えのないよう。

これらを1等賞として用意しましょう。

実はここからが大事なポイントです。

ゲームで景品を用意するには予算枠があります。

なので、2等以降を一気にネタで埋めます(笑)

ちゃんと1等に皆が欲しがる景品を置いておくだけで参加者が増えます。

これは本当です(笑)

そしてこれは大人数での場合。

少人数

少人数の場合のゲーム・余興

忘年会・新年会を少人数でやる場合は、
余興やゲームは正直言って必要ありません

それよりも普段職場では聞けないような事を思い切って聞いてみましょう。
勿論節“度を持って”ではあります。

実はこのコミュニケーションこそがアナタの日常を支える糧となります。

大袈裟な言い方ではありません。

それだけ、上司も部下とのコミュニケーションに悩んでいるのです。

1年のうちのたった2時間~3時間の間だけです。

参加してみましょう。きっと新しい刺激を受けると思います。

受けなかったとしても“参加した事実”は残ります。

どこの会社でも「去年の忘年会では~」なんて話が毎年上がるのです。

ぜひ参加してみて下さいね。

スポンサードリンク

コメントを残す