アトピー性皮膚炎 大人の症状と原因【まとめ】ストレスによる痒み

アトピーといえば、そんなに重い病気と感じる人は少ないかもしれません

どこか、軽く見られている病気です。
大人よりも子供の病気という認識が強いです。

そして放って置いても、そのうち治るし
ずっと、うまく付き合っていく。
そんな病気に感じます。

子供の病気だと思っていたアトピーですが
最近では、大人でもアトピーになる人が増えています。

大人のアトピー

幼少期とは異なる違いがあります。
湿疹や痒みなどの、症状の出る範囲が広いということです。

幼少期の場合、関節の裏に出やすく
大人の場合、首から上 に出やすいと言われてます。
全身に出ることもあり、痒みや痛みも
幼少期より、大変です。

そうして、もうひとつ厄介な特徴として
非常に治りづらいということです。

苦労して時間をかけて
治療をして、改善に向かっていても
時間が経つと、また痒みや痛みの症状が出てきます。

非常になりづらい大変な病気と言ってもいいでしょう。

大人 アトピー 原因

実は原因が、はっきりとわかっておらず
原因が解明されていません。

色々な 、刺激が原因となっている事が多いようです。
例えば食事が大きく影響をあたえている場合は
食生活を見直していかなくてはなりません。

また、家を移り住んだ時、症状が出てしまった時は
住宅建材が、原因になります。

女性の場合は出産によって
ホルモンバランスが崩れて、体質が変わってしまう事があり
化粧品や洗剤に、突然拒否反応が出て
発症する場合もあります。

ストレスや、様々な生活の刺激により
痛みや痒みが悪化していきます。

大人アトピーの人は、普通の人より皮膚の刺激が、弱いので
体の内側と外側から改善していき、
刺激に耐えられる、体質にしていくことが必要です。

大人アトピーは予想以上に、大変な病気なのです。

スポンサードリンク

コメントを残す