タンポポの花言葉 その見た目の特徴や意外なお話を解説します

タンポポいろんなところで見かけますよね。

道端に咲いていたり
花壇の中で咲いていたり

日本人にとって馴染み深い花になっていますよね。

タンポポ

  • 葉っぱの状態
  • 黄色い花を咲かせている状態
  • 白い胞子をたくさんつけてふわふわしている状態

そんないろんな顔を見せてくれるタンポポですが
そのタンポポには一体どんな花言葉があるのでしょうか?

あるとしたら一体どの状態のときでしょうか?

タンポポの特徴について考えて見ましょう。

タンポポはキク科の植物で
日本の在来種は3~5月にかけて
外来種は真夏以外の通年で生息しています。

色は代表的なものは黄色ですが
ほかにも、白、オレンジなど
変わった花をつけるものもあります。

英語名では「ダンテライオン」と呼ばれ
その意味は「ライオンの歯」というものです。

タンポポのギザギザした葉っぱを
ライオンの歯に見立てたことから
この名前がつけられました。

さらにタンポポコーヒーなどの利用法があり
その効能として「デトックス効果」があると言われ
注目されたことがあります。

すごいですね!!

そんなタンポポですがその花言葉には
たくさんの意味があります。

  • 真心の愛
  • 神のお告げ
  • 愛の神託
  • 思わせぶり
  • 別離

などなど

タンポポ 胞子

基本的に恋愛関係のものみたいですね。

さらに上記のものをまとめて
「解きがたい謎」と呼ばれています。

占いや恋愛に関係したものです。
花占いなどに利用されたのではないかと思います。

どうでしょう?

この記事を読んだ方はきっと
タンポポの花言葉だけでなく
タンポポに関する知識を少しばかり得られたのではないでしょうか?

このように、身近にあるものの
意味や知識を調べてみることによって
そのものの見方が変わったりするかもしれません。

その手助けを出来たならうれしいです。

スポンサードリンク

コメントを残す