脳出血の症状 突然起こる危険な状態…その時あなたに出来る事

脳出血 脳卒中は本当に、ある日突然起こる病気です。

後遺症も残る可能性が高く非常に迅速な対応が必要です。

数分が命取りになるので、

症状や対応法を知っておくことが重要になってきます!

脳出血

脳卒中
  • 脳梗塞
  • 脳出血
  • くも膜下出血

「脳梗塞」は血管が詰まる

「脳出血」「くも膜下出血」は血管が破れる

といった状態です。

脳出血の原因 脳卒中の症状は?
  • 片方の手足、顔半分の麻痺、痺れ
  • ロレツが回らない、言葉が出ない、他人の言うことが理解出来ない
  • 力はあるのに、立てない、歩けない、フラフラする
  • 片方の目が見えない、物が二つに見える、視野の半分が欠ける

症状は多彩で、人それぞれ色んな症状があるようですが、
上にあげた物が代表的な症状です。

一時的な症状でもそのまま放置していると、
悪化していくので少しでも異変があったら、
脳卒中を疑い早期発見が重要です。

発症後3~6時間以内に初期治療を受ける事が鉄則

自宅で安静にして様子を見ると言うのが
昔から言われていたようですが、すでに過去の話となり、
早期発見が進行や合併症を防ぐ事にも繋がります!!

救急車を呼ぶ

軽症だと思っても救急車を呼ぶ!!
これが大事だと言います。

それは前述の様に、初期治療への時間短縮に繋がります。

また、自分でかかりつけの医者に行ったりして、
途中で病状が悪化!なんて事もあり得ます。

まずは救急車を呼んで待っている時に、
かかりつけの医師に電話で相談し、
専門の医療機関を紹介してもらいましょう。

注意したいのは頭をあまり動かさない事です。

脳内出血

救急車を呼んで不安を感じたら、
救急車が来るまで安静にしていましょう。

脳卒中の再発率は、年間5%~10%だそうでかなり高いです。

発作はどこで起きるか解りません。

備えとして以下の準備をしておく事も大切だそうです。

  • 通院中の医療機関名、電話番号
  • 診療科と主治医名
  • 常用薬剤名
  • 自宅などの緊急連絡先と電話番号

以上のものを記したメモをいつも見につけて、
再発の可能性にも準備をしておくのがベストです!

スポンサードリンク

コメントを残す