「リーガルハイ」タイトルには意味があるのか?超人気の弁護士ドラマ

ちょっと変わってるけど無敗を誇る弁護士、
堺雅人さん演じる古美門研介。

この人物は勝つためなら手段を選ばない。
例えば罪に問われそうな証拠をもみ消し、
自分にとって不利な状況を作り出さない。

そんな弁護士がお送りしているこのドラマですが、
タイトルはリーガルハイというちょっと変わったものです。

もともとリーガルハイという言葉(英単語)は
この世の中にはありません。

一般教養として英語を学んだ人ならば分かると思いますが
リーガル(legal)という法律に関する
という意味の形容詞です。

この言葉に「ハイ」をプラスしたものだと
容易に推測することができます。

ではこの「ハイ」とは一体どういった目的で
つけられているのでしょうか?

リーガルハイ

この言葉を説明するためには

良く似ている言葉である「ランナーズハイ」
と呼ばれる言葉を例としてあげて考えて見ましょう

長時間走り続けるとだんだん気分が
高揚してくる現象(エンドルフィンによる作用)で
マラソン走者などに多く見られるのがいわゆる
「ランナーズハイ」というものです。

おそらく、この言葉と同じように
リーガル(Legal)をもじった結果
この形で落ち着いたのではないかと思われます。

それに今回使われている「ハイ」は
いろいろと考えられますが異常なまでの
陶酔状態を表しているというものが
意味としては一番しっくりくるように思います。

この「リーガルハイ」はタイトル負けしていません。

リーガルハイタイトル

堺雅人さんの演技はとても特徴的であり
お得意の顔芸や独自の演技力から生み出される
雰囲気はまさに「リーガルハイ」そのものでしょう。

ですが、この言葉を文字で説明するのは少し大変です。
なので一度視聴してみることをお勧めします。

きっと古美門研介弁護士が繰り出す
巧妙というかみごとな滑舌で、
相手圧倒する姿は圧巻です。

スポンサードリンク

コメントを残す