パンジーの花言葉に込められた「熱烈な恋」へのアピール【まとめ】

11月22日は「いいふうふ」ということで「いい夫婦の日」でした。

ご夫婦がプレゼントを交換し合う姿が目に浮かびます。

この日、奥様に花を贈られた旦那さまも多かったのではないでしょうか。

女性が貰って嬉しい贈り物のトップがお花なんですね。

でもお花で注意しなければならないのが花言葉。

あなたはちゃんと「花言葉」を考えてお花を選んでいますか?

男はデリカシーに欠けるというか、
単純というか、花ならなんでもいいと考えがちですが、
花言葉を選んで贈らないと、花の中にも
危険な花言葉を持っているものもあります。

「花言葉」をハズすと女性から
パンチを食らうことになりかねませんのでご注意を。

お花選びに迷ったら、
その季節の旬の花をチョイスするのもお薦めです。

この時期旬の花といえばパンジーはいかがでしょう。

花言葉は「純愛」「思索」「思想」「私を想って」など

「私を想って」なんて熱烈な恋へのアピールなんでしょう。

パンジー花言葉

小柄な花でもパンジーの花言葉は
愛や恋といったイメージを連想させます。

パンジーには「純愛」って意味があるんだよって、
奥様に捧げるのはいかがでしょう。

「純愛」って柄じゃない?

それでも贈られた奥様は嬉しいと思いますよ。
照れずに贈ってみましょうよ。

パンジーは春の花という印象が強い花ですが、
実は秋から冬、そして春へと咲き続ける寒さに平気な珍しい花なんです。

冬の間楽しませてれる数少ない花ということで、
我が家でも11月の衣替えの前後に苗を買ってきて
プランターに植えています。

手がかからず、寒さに強いパンジーは、
我が家のようにガーデニングの趣味がない家庭でも
初心者にとっても大変優しいお花なんですね。

パンジーという名はフランス語のパンセ(思う)からきているそうです。

パンジーの花が少しうつむき加減なところが、
いかにも物思いにふけっている風情に見えたんですね。

パンジー

日本の著名な思想家や評論家は
寒い地方出身者に多いといわれているんですが、
まさに冬に「思索」し続けるパンジーの花言葉に重なります。

秋の夜長や冬の家ごもり、
色の薄い季節をカラフルに楽しませてくれるパンジーにほんとうに感謝です。

スポンサードリンク

コメントを残す