詐欺?誇大広告?返金騒動!ドラゴンクエスト モンスターズ スーパーライト スマホ【まとめ】

先月リリースされて間もないスマートフォン用ゲームアプリ

ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト【DQMSL】

誇大広告として利用者からの返金が相次いでいます。

ドラクエ スマホ ゲーム

ドラゴンクエストモンスターズと言えば、

古くはゲームボーイから続く超人気シリーズ

そんなドラゴンクエストモンスターズで「返金騒動!」

今回大きな話題を呼んでいます。

返金騒動となった理由

通常この手のスマホ系ゲームは「ガチャ」

と呼ばれるシステムを採用しており、

利用者(ユーザー)は、Googleplay、

またはAppleを介して課金します。

そして課金したゲーム内通過である

(今回はジェム)ジェムを入手し、

1回500ジェムというガチャ(ふくびき)を引きます。

1ジェム=1円

この500円で1回引けるガチャなんですが、

問題の画像がコチラ!

画像を差し替えた

画像を差し替えた

「金の地図 ふくびき」と表記されているのにも関わらず、

ガチャを引いても引いても出て来るのは「銀の地図」ばかり。

金の地図が多く見えるのに、銀の地図しか出ない……。

金の地図と銀の地図

左:金の地図、右:銀の地図

ある一人のユーザーがコレに腹を立て、

運営へ問い合わせメールを送る。

そして運営(スクウェア・エニックス)の対応が驚愕の結果に!!

なんと!画像を無言で差し替えて、難を逃れようとしたのです!

これには今まで「仕方ない。」

と、思っていた課金ユーザー達も黙っていませんでした。

本当はこうなんじゃ?という声も上がりました。

本当の金の地図ガチャ

そして運営への問い合わせ合戦は続きます。

ついにApple、Googleplayが異例の返金!というカタチを取りました。

ソーシャルゲームでは異例の事態!

何しろドラゴンクエスト、ファイナルファンタジーを生み出した

「スクウェア・エニックス」がコレをやってしまったのです。

ということは?今までのソーシャルゲームも、

かなりの被害を受けると予想されます。

通常ソーシャルゲームは

  • 無課金ユーザー(無料でプレイする人)
  • 課金ユーザー(ガチャやアイテムなどを実際に金銭で購入する人)

この2種類が居て、それぞれ、

  • 無課金ユーザー(7割)
  • 課金ユーザー(2割)
  • 廃課金ユーザー(1割)

このバランスで成り立っていると言われています。

※廃課金ユーザー(10万、20万、それ以上を購入するユーザー)

同様にソーシャルゲームとして超有名になったガンホー社の、

パズル&ドラゴンズこと『パズドラ』

こちらのガンホー株も落ちている模様です。

パズドラも当然「ガチャ」があり、こちらはドラゴンを模した形。

言いようによってはこのドラゴンも、

パズドラのガチャ

あれ?銀のタマゴ?

金の色をしているのに、出て来るのは銀の卵があったりします。

これももしかして返金??

一昔前にはコンプガチャ問題もあったり、

未成年の使い過ぎ問題もあり、

世間を騒がせ続けるソーシャルゲーム市場!

今後の対応と展開に注目です!

スポンサードリンク

コメントを残す