コーラで骨・歯が溶ける噂は都市伝説だった?理由など

子供の頃からコーラなどの炭酸飲料が好きでよく

飲んでましたが誰でも親や友達などから

言われた経験があると思う

 

コーラを飲み過ぎると骨・歯が溶けるという噂について

本当なの?と疑問をよく抱いたものです。

 

そこでコーラで骨・歯が溶けるのは嘘なのか?

あるいは都市伝説なのかの理由を探ってみました。

コーラで骨・歯が溶ける噂は嘘?理由は性質にあった

なぜコーラや炭酸飲料などを飲み過ぎると

骨が溶けると言われている理由については

 

コーラで骨が溶けるリン酸

 

コーラにはリン酸という酸味料が含まれていて

そのリン酸がカルシウムを溶かす作用があるみたいで

骨や歯はカルシウムが主体で作られるため

 

カルシウム=骨or歯

 

というように噂がたち、都市伝説など様々な

話しになっていったのがコーラで骨が溶けるとされた

理由になったみたいです。
もちろんリン酸には溶かす性質がありますが

コーラを飲んだ時に口の中で唾液に中和され

体内をすぐに通りすぎてしまうので

コーラを飲み過ぎても骨は溶けないと言われている答えも出てます。

 

コーラで骨・歯が溶けるよりも怖い糖分?

 

コーラには骨や歯が溶けると言う噂は

嘘かどうか理解いただけたと思いますが

そこで安心してコーラを飲み過ぎても大丈夫だと

 

思ってしまうとダメで、その溶けるより問題なのが

コーラに含まれている糖分です。

 

コーラで骨が溶ける都市伝説

 

この糖分はコーラの約半分を占めているので

砂糖が沢山入っています。

 

またコーラの他の清涼飲料水にも同じことが言え

医学的にも清涼飲料水に入っている糖分が影響して

体の内蔵に負担があるとも言われているみたいなので

 

コーラで骨が溶ける噂

 

大丈夫と思ってコーラを含めた清涼飲料水の

飲み過ぎには注意していきましょう。

 

飲み過ぎは注意ですが糖分は疲れなども取る効果

あるみたいなのでシュワっとはじけたい時は

バランスよく飲むことが良いと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す