肝腫瘍って子供に多い?どんな病気?原因・症状|治療法【まとめ】

肝腫瘍(かんしゅよう)という病気を知っているでしょうか

子供をもつ親などなら聞いたことあると思いますが

肝腫瘍は子供や小児に多い病気とされ

 

症状によっては知らないでは済まされない程、重要になります!

肝腫瘍は、どんな病気?子供が多い原因は?

肝腫瘍とは?

最も子供や小児(1~5歳)に多いとされる

肝臓に発生する腫瘍で子供も場合は約6割りと言われ

転移性と原発性があり

 

肝腫瘍の原因

 

肝芽腫(かんがしゅ)肝細胞癌(かんさいぼうがん)が

中でも悪性と言われており発症年齢は低く3歳までに

発症し子供や小児の未熟な細胞から発生する

悪性腫瘍といわれ悪性の場合は原発性肝悪性症とも言われます。
また比較的良性と言われているのは

過誤腫(がごしゅ)血管腫(けっかんしゅ)などがあります。
肝腫瘍が、なぜ?子供に多い病気かと言うと原因は

肝芽腫の場合は乳幼児期多く「がん抑制遺伝子」というものが

関係しており解りやすく言うと癌(がん)の発生を制御

する機能を持つ細胞異常が出てることが原因とされ

他にも細胞と結合するタンパク質の異常なども言われております。

 

肝腫瘍の症状と治療法は?

 

多くの肝腫瘍の症状は子供の検診などでも発見される

事もありますが症状の現れとしては

肝腫瘍の発熱や症状

  • 子供や小児のお腹が張る
  • 発熱
  • 腹痛
  • 食欲不振

など様々です。

そして肝腫瘍の発見する症状で多いとされているのが

子供のお腹や肝臓の部分に凸凹な硬いしこりなどが現れ

検査して肝腫瘍だったという例もあるみたいです。

 

なので子供に何か思いあたる症状が見られた場合は

早急に診察や検査などを受けたほうが適切です。

また肝腫瘍が進行すると栄養障害や哺乳力の低下などが

出てくるので注意が必要です。

肝腫瘍の治療方法は?

 

肝腫瘍の原発性肝悪性症などの悪性の場合は

外科手術と抗がん剤での治療法が行われます。

 

また肺に転移した際には抗がん剤で小さくし

手術を行う事が多いとされています。

 

肝腫瘍の治療法

 

治療には数ヶ月かかるとされており治療する事で

約75%が完治に向かい3年間肝、腫瘍の再発がないと

診断されると再発の確率は低いとされます。

 

何か自分の子供に心当たりがある場合は

早めに小児科医などに相談したり定期的な測定や

超音波検査を受けてもらう事が早期発見に繋がりますので

早めに診断されることが大切と言えます。

スポンサードリンク

コメントを残す