蕁麻疹の原因は肝臓の疲れからくる?噂の真相はコレ!

蕁麻疹が出る原因は肝臓の疲れなどが

関係しているという噂があり

蕁麻疹の場合は何科にいけばいいか、などを

話したと思いますが蕁麻疹になる前に

肝臓の疲れなどが関係しているのか?どうなのか?

知るのも予防につながると思い調べてみました。

蕁麻疹が出るのは肝臓の疲れが原因か?

蕁麻疹というと食物のアレルギー、ストレスが

原因というふうによく言われています。

実際、肝臓が疲れていたり弱っていたりすると

蕁麻疹が出るのか?調べてみると…

 

蕁麻疹の原因は肝臓

 

医学的には証明されておらず

肝臓の疲れや弱っていることが原因で蕁麻疹が出るという

根拠は無いみたいです。

 

また肝臓が悪くなると多少の痒みなどが出ることがあり

この場合は肝臓病とも言われている肝炎などが考えられ

痒みなどが頻繁に出ますが蕁麻疹とは違うと言われていています。

蕁麻疹=痒み

というふうに勘違いし考えが混合したのが

噂が出た原因と考えられます。

しかし蕁麻疹の症状が多い場合はB型・C型肝炎に注意?

普通の肝臓病(肝炎)とは違いB型肝炎・C型肝炎ウィルスになると

蕁麻疹が出る時があるみたいで

この場合は普通の蕁麻疹より症状が重く

蕁麻疹が消えるのに時間が掛かり跡などが残るとされています。

 

蕁麻疹、肝炎の診察

 

なぜそうなるのかはB型肝炎やC型肝炎などが何らかの皮膚疾患で

合併症を引き起こしたことが原因とされているみたいです。

予防する方法としては普段、生活をしている中で

少しでも蕁麻疹のような

症状が出始め蕁麻疹のような症状が収まらない時は

自分で考えず一度、血液検査などを受けてから

医者なのど知識を仰ぐことが重要と言えます。

 

蕁麻疹の血液検査

 

また以前にも肝臓病など肝機能に異常があった方は

肝炎は慢性的になる時もありますので

早めのに治療と診察が早期発見にもなりますので

気になった方は診察することおすすめします!

蕁麻疹も含め、どんな病気でもそうですが

自分で勝手に判断をくださないことが注意したいところですね。

スポンサードリンク

コメントを残す