初詣などに限らず賽銭箱へ入れる意味や金額っていくら?

小さい時から初詣やお祭などの時に

神社にお参りに行きお賽銭箱へ向けて

お賽銭(お金)を投げたり、入れたりと

何も気にせず流れのままに入れていましたが

 

初詣、お賽銭、金額、いくら

 

賽銭箱に入れる金額をいくらにするかにより何か違うのか?

賽銭箱にはどういう意味があるのか?

という素朴な疑問は誰しも考えた事が一度はあると思います。

賽銭箱へお金を入れる意味はコレ!

初詣などに行くとズラ~と並んだ人並みの中から

賽銭箱へ向けてお金を入れる(お供え)していますが

これは現代になってお賽銭(お金)になったみたいで

元々は「おひねり」という意味で

 

賽銭箱、いくら、お供え

 

白い紙の中に新米を入れお供えし

米の収穫や、その年にとれた野菜や果物などの

収穫への感謝を込め神様にお供えしていました。

そしてお金などの紙幣が現代のように浸透し

お米→お金へと変化していき江戸時代ごろに

神社やお寺などに賽銭箱が置かれていき

願い事などの祈願や収穫の感謝の気持ちを捧げ

神様、仏様にお供えするという意味になったとされます。

注意したいのは願いを叶えてもらうために

賽銭箱へお金を入れるというのは間違いで

日々の生活や家族の幸せを感謝するためという事を

念頭に置いておいてくださいね。

お賽銭箱への金額はいくらが良い?

いざ初詣や神社のお賽銭箱を前にして

お賽銭(お金)の金額は、いくらお供えしようかな…

と迷う人も多いと思います。

 

お賽銭箱、いくら

 

一般的にお賽銭箱へお供えされている金額で多いのが

5円玉硬化じゃないでしょうか。

5円と「ご縁」をかけ「ご縁がありますように」という

意味があります。

5円玉にご縁という意味があるので、つい5円玉を

用意しがちですが神社側の解答では

ご自身が負担のない程度でと話しているみたいなので

この場合は自分が神様へ感謝する気持ちを変換した金額に

するのがお財布にとっても優しい選択だと思います。

もちろん100円玉でも良いしお賽銭無しでも良いとされます。

ちなみに、お賽銭の語呂合わせには色々あり

 

  • 5円…ご縁がありますように
  • 25円…二重のご縁
  • 115円…いいご縁がありますように

様々な金額がある事が分かりました。

 

お賽銭箱、封筒

 

お賽銭の中には、お札をお供えする人もいますが

この場合は千円以上の時は白い封筒やお賽銭袋

新札を入れ自分の名前、住所を入れるようにするのが

マナーとされているみたいです。

初詣もそうですが何かの縁で神社やお寺へ行く際は

参考程度に思い出しみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す