むずむず症候群は放っておくと危険?病院で治療できるのか?

睡眠中に脚が「なんか?むずむずする…」

そんな症状が出た時は、むずむず症候群の恐れがあります。

あまり聞いた事がない病名:むずむず症候群ですが

知らずに放っておくと危険とされているみたいです。

むずむず症候群を放っておくと危ない?

むずむず症候群は、その名前の通り

むずむずするような感覚が出てくる病気で他にも

  • 痒み
  • 足のほてり
  • 痛み
  • 脚をじっとしてられない

などの症状が多く出て、とくに夜間で寝る前や睡眠中の際に

足に虫がいるかのような、むずむずするような

異常感覚不快な症状が、あらわれる病気とされています。

むずむず症候群、症状、原因、鉄分

これだと言う原因は医学的にも証明されてないみたいですが

原因と考えられているのは

鉄分不足

遺伝的

ドパミン機能障害

とされており、ドパミンは脳内の神経伝達物質のひとつで

機能障害を起こしている事が原因で脳が寝具などに脚が当たった時に

不快感と受け取ってしまい症状が出るのではないかと言われています。

そしてドパミンを脳内で生成には鉄分が必要で不足している為

障害が出ているのではないかと考えられているみたいです。

むずむず症候群、脚、原因

また、むずむず症候群はレストレスレッグス症候群とも言われ

症状は夕方から夜にかけて多くみられるみたいです。

そして睡眠の際によく、むずむず症候群の症状が現れるため

それが原因で不眠症や睡眠障害になり、ただの勘違いと思って

むずむず症候群の治療をせずに放置しておくと悪化し

精神状態のバランスが悪くなり不安を伴うような抑うつ症などの

合併症を引き起こす可能性があり

乾燥肌だから、むずむずするんだなぁと安易な考えで

放置しておかず、むずむず症候群かな?と思い当たる節があるなら

早めの治療を考える必要があります。

むずむず症候群の解消は病院で治療できる?

では実際に、むずむず症候群になった場合はどうすればいいのか

解消するに為に病院に行っても治療してもらえるのか?

などの心配が色々と考えられますが

むずむず症候群、病院、治療

むずむず症候群は病院で治療する事も可能です!

出来れば皮膚科や整形外科などより睡眠障害などの専門医がいる

病院へ行き相談してみるのが

早めの解消が期待でき治療できるとされます。

また自分でも予防は出来るみたいで自分の生活習慣を見つめ直し

鉄分が不足しそうな行動とされる

アルコール、カフェインの過剰摂取などを控え

寝る前に脚をマッサージする事も、むずむず症候群予防には

効果的とされています。

スポンサードリンク

コメントを残す