乾電池を冷蔵庫に入れると復活・長持ちするというのはデマ?

乾電池を冷蔵庫に入れると復活する言われて

子供の頃などにおもちゃ、ミニ四駆などで使用した

乾電池を冷蔵庫に入れた経験がある方は

少なくとも「ある」と答えた人が多いかと思いますが

実際は乾電池を冷蔵庫を入れると復活するのか?

乾電池が長持ちする噂もありデマなのかどうか気になるところです。

乾電池は冷蔵庫で復活するのか?

ここで気になるのは乾電池を冷蔵庫に入れると

復活するといわれる噂についてです。

ScreenClip

よく言われる車のバッテリーなどは冬になると冷えて

エンジンが動かない時があると言われていますので

普通に考えてみるとダメなのかな?と考えてしまいます。

そして乾電池を冷蔵庫に入れる事については

科学的な説があり乾電池を冷蔵庫に入れて冷やすことにより

乾電池は低い温度になると化学反応しなくなる性質を持っており

冷蔵庫などで冷やした際に自己放電を少なくする効果があるとされ

乾電池が復活するという結果が出ているみたいです。

ScreenClip

しかし!これは昔の話しになり現在の乾電池になると

技術が進化しているので乾電池を冷蔵庫に

入れても何も効果が無いとされています。

なので難しい判定ですがデマとは言いにくい説ですね。

乾電池を復活させるには温める?

現状では乾電池を冷蔵庫に入れても

復活しないという話しがありますが逆に温めると

復活すると言われており

ScreenClip

なぜかは、これも乾電池の化学反応が関係していて

冷やすと化学反応は抑えられるとお伝えさせてもらいましたが

この化学反応は人肌程度の温度で温めると活性化する性質を

持っており乾電池の性能を引き出すとも言われています。

なので消費した乾電池を使う際は約30秒程、自分の服や衣類でも良いので

乾電池を擦り少し温めてから使用してもらうと

少しかもしれませんが復活し、また長持ちするとも言われています。

乾電池内部の容量は決まっているので復活はすると思いますが

長持ちするという事に関しては、微妙な感じだと考えられます為、

乾電池の種類にもよりますが性能が発揮される

乾電池、冷蔵庫、復活、衣類

製造日から約2~3年程度と言われているので

乾電池を購入する時は製造日を見ておく事も

長く使う為にも重要だと思います。

個人的な結論から考えさせてもらうと

乾電池を冷蔵庫に入れると復活しにくく逆に温めると

少しだが復活や長持ちが期待できるという事が分かりました。

疑問に思った人は参考程度にご覧いただけたら幸いかと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す