坐骨神経痛になる原因は?なりやすい3つの特徴など

坐骨神経痛になる方の原因には

原因と考えられる特徴が大きく分けて3つほどあり

普段の自分の生活を見つめなおす機会になると思うので

ぜひ参考にしていただけたらと思います。

坐骨神経痛になる原因と言われている3つの特徴

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)は文字の通りですが

神経が関係した腰や下半身周りの病気とされ

名前を聞くとお年寄りに多い病気と思われますが

実は若い方でも坐骨神経痛になる事があります。

そして坐骨神経痛になる原因として代表的とされる3つの特徴

  1. 野外での作業
  2. 調理場
  3. 冷凍庫作業

などの仕事をしている方に多い傾向があるみたいです。

坐骨神経痛、原因、冷え

中には古傷や過去に腰に何かの病気を患ったことがある方などは

坐骨神経痛になる原因にもなり

お尻などにかけて慢性的な痛みや痺れを感じた場合は

坐骨神経痛を疑ってもらったほうが良いと考えられます。

そして、なぜ?挙げさせてもらった3つの仕事をしている方に

多いかといいますと、坐骨神経痛は人体の中で

1番長くそして太い神経とされ、この坐骨神経痛などの神経痛は

寒さ、身体の冷え、湿気がある場合に反応する為

特徴として、お伝えした3つの仕事に関係している方は要注意です。

他にも寒さを好むので、冬にも痛み出す事があるみたいです。

坐骨神経痛、原因、特徴

自分が当てはまる仕事についていた場合は

出来るだけケアとして寒いと感じた際は足や腰が冷えないように

お風呂で温めたり、着こんだりして、なるべく身体を冷やさないように

意識する事が重要と言えます。

坐骨神経痛には2通りのタイプがある!

坐骨神経痛とお伝えさせてもらいましたが

実は2通りのタイプに分けられており

  • 椎間板ヘルニア(ついかんばん)
  • 腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうくだきょうさくしょう)

という2種類の症状のタイプがあり

これらを含めて坐骨神経痛と言われています。

腰部脊柱管狭窄症の症状が主にでるとされているのは

50歳以上で中高年の方に出るとされており

痛みなどで分かる自覚症状や病院で検査してもらって初めて

分かるという場合もあり治療法も違いがあるみたいです。

坐骨神経痛、症状、痺れ

そして椎間板ヘルニアは年齢が若い約20~30歳の方に多く

自分で分かる症状としては、おじぎをした時に痛みが強くなると

言われており、体を反対に反らせると楽になるとされています。

坐骨神経痛は放置しておくと腰痛が引き続き腰をふくめ

下半身(足先、太もも、お尻、すね)などに強い痺れが現れ

場合によっては歩行障害をともなう事もありますので

思い当たる節があると感じた方は早めに病院で

検査してもらう事が治療にも移れると思うので

覚えておていもらえたら幸いです。

スポンサードリンク

コメントを残す