節分の鬼の由来は?赤鬼?それとも青鬼??豆との関係性など

節分の時に豆の数や数え年を食べてもらい

豆まきの行事は、ひと通り終わったと思いますが

そもそも、なんで節分の際に鬼が来るのか

知っていますか?節分と鬼の関係性について

注目してみたいと思います。

節分にはなぜ鬼がでてくるか?その由来

節分の時期になると各家庭で

鬼は外、福は内」と掛け声をして豆まきをしていますが

節分、鬼、由来

節分になぜ鬼が出るというのが素朴の疑問として多いと思います。

これには由来があり「鬼門」という言葉を聞いた事あると思いますが

節分には鬼門が関係しており節分の時期は旧暦で数えて

元旦の前日とされ、立春の前の日にあたり鬼門が発生し

鬼が災厄(さいやく)つまり災難などをもたらす

新年を迎えるにあたって鬼門を含め鬼を封じ込めようという事が

節分、鬼門、赤鬼

由来で鬼がでてくる際に節分の豆まきの風習が

出来たとされているみたいです。

それは、赤鬼?青鬼?黄鬼?それぞれの役割

先程の鬼門からくるとされる鬼の色には

自分の中にある悪い心を取り除くとされる

意味や役割があるみたいで

節分に鬼役になっている方なら分かると思いますが

節分時の鬼のお面には、赤鬼、青鬼、黄鬼の面が

あると思います。

節分、赤鬼、青鬼、黄鬼

実はこの赤鬼、青鬼、黄鬼には分かりやすく言うと

  • 赤鬼…貪欲、全ての悪心の象徴
  • 青鬼…嗔恚(しんい)怒りの象徴
  • 黄鬼…我執(がしゅう)我を通す象徴

というふうな役割とされる意味があり

豆を投げることで自分の悪い心

怒っている貧祖な自分の姿、我を通す傲慢な自分の部分

鬼に照らし合わせているとされています。

他にも緑鬼は不摂生、黒鬼は愚痴を表すみたいです。

豆を投げられるのは痛いかもしれませんが

みんなの願いを叶えるためにも鬼役の方は頑張りましょうね。

なぜ豆で鬼退治ができるのか?

どうして豆で鬼退治ができるかには

中国と日本の2つ説があり

・中国

古来中国の風習で節分とよく似た事が行われていたみたいで

節分の際に鬼に投げる豆には意味があり

豆=魔滅(まめ)に通じている由来があり無病息災を

願ったとされています。

毘沙門天、鬼、節分、意味

・日本

京都の鞍馬(くらま)と言われる地域に

昔、鬼が出現した際に七福神で有名な毘沙門天が

鬼がでてきて困っていた方へお告げをし

鬼の目に大豆を投げつけたら鬼退治が出来た由来があります。

こちらも豆に意味があり

魔目(まめ)=鬼の目に豆を投げたとされます。
「魔目」「魔滅」豆=鬼と、どちらも同じ同音で

同じ意味を持っているというところから

豆で鬼退治ができるという事になったとされます。

スポンサードリンク

コメントを残す