乳幼児をもつママは注意してほしい!RSウイルス感染症!!

寒くなるにつれて注意してほしいのが

インフルエンザ等の感染症ウイスルですが

特に乳児や小さな子供に多いとされるのが

RSウイスルです。

名前を見る限り只者ではないような感じがします。

RSウイスル予防や、どんな感染症などかを知って

大切な子供を守りましょう。

ピークが12月から1月のRSウイスル!

この注意してほしいRSウイスルは「寒くなってきた」というような

時期の10月後半などの秋から冬にかけ急増する傾向があり

特に12月~1月がピークを迎えるという多いとされます。

なぜ乳幼児などの子供が注意なのか?

では、どうして乳幼児などの子供がRSウイスルに注意してほしいかは

子供の場合は免疫力が無いので症状が重症化する危険性があるからです!

RSウイスル、症状、大人、重症化

通常2歳までに子供がRSウイスルに約70%の確率で発症すると言われる

代表的な呼吸器感染症のひとつで乳児(1歳未満)などの

生まれて間もない赤ちゃんが感染すると症状が重症化し

  • 細気管支炎(さいきかんしえん)
  • 肺炎

などの下気道炎(かきどうえん)等の症状になる

ケースが多いとされる為、乳幼児なども含め

RSウイスル、肺炎、気管支炎

特に低出生体重児や心臓などに病気を持っている子供を持つ

ママさんはRSウイスルに警戒が必要と言えます。

感染経路は大人から?症状など

RSウイスルの主な感染症の症状は

約7割りが風邪のような症状に似ており(咳、鼻水、発熱

などの症状が現れ軽い場合は1週間ほどで治りますが呼吸の際に

浅い呼吸

ぜーぜー言う呼吸

呼吸回数が増える

ような症状が出てきた場合は特に注意してほいしとされ

症状が重症化する前に病院へ行き早めの診断や検査を

してもらう事が早期発見に繋がるので

症状の変化を見落とさない事が重要です。

RSウイスル、感染経路、症状

またRSウイスルの感染経路は大人からが多く

大人が感染した場合は風邪の症状で大抵は終わりますが

乳幼児になると話した通り、症状が変わるので

子供を持つ方は自分の子供にうつさないように

RSウイスルを理解してもらう事が子供を守る為の

必要知識となると言われています。

予防にはワクチンがなく消毒液が効果抜群!?

また驚いた事にRSウイスルに対しての予防などの

ワクチンや薬などが無く大人の風邪などから発症するので

消毒液やアルコールなどを使った手洗いなどで

予防するのが効果的とされています。

RSウイスル、消毒液、手洗い、予防

また保育所などの施設に子供を向かわせる際は

マスクなどを着用させ感染しないように予防するのが

おすすめとされています。

他にも子供が触れる事が多い(おもちゃ、ドアノブ)などを

除菌や消毒する事も心がけることが

RSウイスルの予防に繋がると言われています。

もしかして?と気づいたら早めに検査、診断を

頭に入れておいてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す