急性大動脈解離の症状とその原因と予防策。著名人・芸能人では誰?【画像】

急性大動脈解離とは?どんな症状?

大動脈解離の症状は今までに味わったことのない激痛を感じます。

大動脈解離は人によって症状に違いがあり、身体が引き裂かれるような痛みが、

胸→背中→肩→腹部というように痛みが広がっていきます。

患部がだんだんと広がっていくのが大動脈解離の症状で、

その症状によっては胸から腹部にまで長い解離が生じる場合もあります。

急性大動脈解離はこれらの症状が突然発症することです。

大動脈解離・急性大動脈解離を経験した著名人・芸能人


石原裕次郎さん


加藤茶さん


三波伸介さん

急性大動脈解離が発症する年齢

調査では70代~が最も多くなります。

しかし、仕事でバリバリ頑張る時期(30代の方40代)に急性大動脈解離が発症するときもあります。

主に男性の方が多い傾向にあります。

急性大動脈解離は患部ををバットで思いっきり殴られたような衝撃と痛みがあります。

恐ろしい症状ですので発症してしまう前にしっかりとした予防策と、その原因を知っておきましょう。

急性大動脈解離の予防策

急性大動脈解離が発症した場合はすぐに病院に行くこと。

当たり前の事なのですが年配の方になると、

どうしても病院への足が遠のいてしまって痛みを我慢してしまう事があり、

これが、死亡率が高くなっている原因でもあります。

【送料無料】「症状」見抜き方ガイド 2012年 05月号 [雑誌]

病院で検査をしてもらう

大動脈解離は胸部X線(レントゲン)検査や、腹部超音波検査によって見つかることがあります。

CT検査では患部の場所や、その原因の大きさも判断できます。

早期発見の場合は患部の治療と再発の可能性も防ぐ治療も可能なので、

合併症の危険性や今後の対策が出来ます。

場合によっては手術の必要性もありますので、担当医師と相談して決めましょう。

大動脈解離の原因は高血圧

血圧が高い人は血管への負担が大きくなります。

亀裂も起こりやすくなりますので、出来る限りコレステロールや血糖値を自分で管理すること。

食生活の見直しや運動について『健康管理』をもう一度見直す事。

これはどんな病気に対しても、最も有効な手段と言えます。

スポンサードリンク

コメントを残す