オノマトペとは、音や声を真似している言葉です。

オノマトペについて調べると、擬声語を意味するフランス語とあります。

オノマトペを簡単に説明すると「ざあざあ」、「パチパチ」、「チョキチョキ」など、

音を口で表現するときに、私たちはオノマトペを知らず知らずのうちに使用しています。

オノマトペは音を真似る言葉の他に『テキパキ』動く、や『キラキラ』光る。

などのように、その物の状態を表す言葉としてもオノマトペは使われます。

オノマトペの意味を知らないって人はその『言葉』を知らないだけで、

実はもう何度も使っているという事ですね。

そんなオノマトペにも実は独特のルールがあります。

よくテレビのCMやバラエティなんかで使われるオノマトペですが、

その多くは五十音で色々と使い分けられています。

例えば、カ行のオノマトペは、カンカン、キンキン、コトコト。

タ行のオノマトペだと、タンタン、タカタカ、トントン。

といった具合にこれらは何かを叩く音としてイメージ出来ます。

オノマトペを利用するのに一番多いのはこの『叩く』という行動のオノマトペではないでしょうか?

他にもテレビでタレントや芸人さんが

「バーン!」とか「ドーン!」とか言ってるのをイメージするとわかりやすいですね。

これらのオノマトペは効果的に使うことで、

聞き手にわかりやすく、そしてインパクトを与える事が出来ます。

 

ではここで問題です。

 

Q.雨が「    」降る。

オノマトペ(雨)

雨のオノマトペ

 

「」の中にあなたならどんなオノマトペを入れますか?

これは本当に様々なオノマトペが入ります。

ですから、オノマトペとは個人によって、またその状況によって色々なオノマトペが存在します。

私なら「ザーザー」や「しとしと」どちらも雨のオノマトペなのですが、

使ったオノマトペによって違いがわかると思います。

 

オノマトペとは日本人特有の表現。という風に考える方もいらっしゃいます。

それは日本語の表現をもっと具体的に、

もっと詳細に表現したい……という事で使われ始めた事も関係あります。

オノマトペについて説明しましたが、完璧にわかる必要はありません。

「ふわっ」と理解してさえいれば、あなたももうオノマトペマスターですね(笑)

おすすめの記事