脳出血の症状 突然起こる危険な状態…その時あなたに出来る事

脳内出血

脳出血 脳卒中は本当に、ある日突然起こる病気です。

後遺症も残る可能性が高く非常に迅速な対応が必要です。

数分が命取りになるので、

症状や対応法を知っておくことが重要になってきます!

脳出血

脳卒中
  • 脳梗塞
  • 脳出血
  • くも膜下出血

「脳梗塞」は血管が詰まる

「脳出血」「くも膜下出血」は血管が破れる

といった状態です。

脳出血の原因 脳卒中の症状は?
  • 片方の手足、顔半分の麻痺、痺れ
  • ロレツが回らない、言葉が出ない、他人の言うことが理解出来ない
  • 力はあるのに、立てない、歩けない、フラフラする
  • 片方の目が見えない、物が二つに見える、視野の半分が欠ける

症状は多彩で、人それぞれ色んな症状があるようですが、
上にあげた物が代表的な症状です。

一時的な症状でもそのまま放置していると、
悪化していくので少しでも異変があったら、
脳卒中を疑い早期発見が重要です。

発症後3~6時間以内に初期治療を受ける事が鉄則

自宅で安静にして様子を見ると言うのが
昔から言われていたようですが、すでに過去の話となり、
早期発見が進行や合併症を防ぐ事にも繋がります!!

救急車を呼ぶ

軽症だと思っても救急車を呼ぶ!!
これが大事だと言います。

それは前述の様に、初期治療への時間短縮に繋がります。

また、自分でかかりつけの医者に行ったりして、
途中で病状が悪化!なんて事もあり得ます。

まずは救急車を呼んで待っている時に、
かかりつけの医師に電話で相談し、
専門の医療機関を紹介してもらいましょう。

注意したいのは頭をあまり動かさない事です。

脳内出血

救急車を呼んで不安を感じたら、
救急車が来るまで安静にしていましょう。

脳卒中の再発率は、年間5%~10%だそうでかなり高いです。

発作はどこで起きるか解りません。

備えとして以下の準備をしておく事も大切だそうです。

  • 通院中の医療機関名、電話番号
  • 診療科と主治医名
  • 常用薬剤名
  • 自宅などの緊急連絡先と電話番号

以上のものを記したメモをいつも見につけて、
再発の可能性にも準備をしておくのがベストです!

病気

インフルエンザ 予防接種 風邪?熱が凄い?流行に潜む黒い影!?

インフルエンザ予防接種

インフルエンザは寒い季節になると、
必ずと言っていいほど流行になります。

そして毎回「インフルエンザ予防接種

を促すようにTVなどのマスコミ各社は騒ぎ立てます。

インフルエンザシーズンになると医師や専門家が出演して

「予防接種」の必要性を訴えます。

インフルエンザ予防接種

「今年のインフルエンザは例年異常に猛威を振るう」とか

「小さいお子さんや体力の低いお年寄りの方は危険ですから、

特に予防接種をうけてください」などと。

そして「ワクチンの製造が間に合わない」

「インフルエンザワクチンの備蓄量が足りない」

といった毎度の報道に、
「ヤバイ、早く予防接種をやらなきゃ!」
と不安感を煽られたりするのです。

しかし本当にインフルエンザの予防接種は
打たなくてはならないのでしょうか?

予防接種をやれば本当にインフルエンザにかからないのでしょうか?

毎年毎年、同じことの繰り返しが、
非常に疑問に感じたので色々調べていると・・・。

厚生労働省のホームページでは
12月中旬までに予防接種を行うことを推奨しています。

インフルエンザの流行は1月上旬~3月上旬がメインで、
接種後の抗体上昇が2週間ほどかかるというのが理由です。

しかしそのシーズンに流行するであろうインフルエンザが
一体いつ判明するか考えてみてください。

インフルエンザ

どう考えてみても、おかしい・・・

インフルエンザウィルスを解析し、
ワクチンを作り出すのは時間がかかる。

しかも大量に作り出して、
世界中の自治体、医療機関に行き渡らせるのって
時間的にまず不可能なのではないでしょうか。

インフルエンザワクチンが出来た時には
既に「流行真っ最中」か、
下手をすると「過ぎ去って」いるなんてことも。

実際WHO(世界保健機関)のHPでも
「インフルエンザワクチンの有効とするデータはなく、
ワクチンの摂取で感染予防はできない」
なんて記載されているのです。

ここまでキッパリ言われると・・・身も蓋もない状況ですよ。

じゃあ何故効きもしない
予防接種の推奨をアチラコチラで耳にするのか。

ぶっちゃけ儲かるからでしょう。(独断と偏見)

世界的な「インフルエンザ予防接種ビジネス」
のニオイがプンプンしてくると感じてるのは
私だけでしょうか。

みなさんも是非ご一考を。

病気

症状と対策をしっかりしましょう!大人のアトピー性皮膚炎はこう防ぐ!

アトピー大人

アトピー性皮膚炎

以前は「子供がかかる病気」と言われていました。

しかし最近では大人のアトピー
「難治性成人型アトピー性皮膚炎」
が増加の一途をたどっています。

アトピー大人

大人のアトピーは上半身に
強い症状が出る事が多いのが特徴ですが、
子供の時期にかかるアトピーよりも治療が困難です。

「大人のアトピー」の原因については様々
  • 皮脂が減少することにより乾燥肌になり、衣服などの擦れによる刺激などで皮膚炎が生じてしまうというもの。
  • 長年ステロイドを使用していることによって、ステロイド依存症、保湿依存症に起因するもの。
  • アトピーの素因を以前から持っていて、それが大人になってから現れてしまったもの。
  • 大気汚染などの公害による体質異常が原因になってしまうもの。
  • 花粉やハウスダストなどのアレルギーによって引き起こされるもの。
  • 風邪や寝不足や疲労など体力の低下によるもの。
  • 日常生活のなかで生じたストレスなどの環境要因で免疫機能のバランスが崩れる事による発症。

このように多くの原因が言われていますが、
断定できるまでには至っていません。

アトピー

「大人のアトピー」の症状は首から上に多く現れますが、
その主な症状を以下に紹介します。

  • 顔の皮膚がかさつき、キメが粗くなってくる。
  • 目の下にシワが出る。
  • 目の周りに湿疹が出る。
  • 頭皮以外の顔からフケに似たものが落ちる。
  • 額の皮膚が固く厚くなる。
  • 首筋の横皺に沿って湿疹が出る。
  • 首に赤黒い色素沈着が起こる。
  • 首に波状の皺ができる。

「大人のアトピー」の治療法についても
現時点では根治に至るものは確立していません。

しかし根治はしなくても、完治に近づくことはできます。

「大人のアトピー」は症状が酷くならないうちに、
早めに専門医を訪れ、相談とケアを行うことが大事です。

諦めることなく頑張りましょう。

蕁麻疹(じんましん)は何科に行くの?間違えると恐ろしい!覚えておきましょう

蕁麻疹 何科?

かゆくて、かゆくて、たまらない!「蕁麻疹(じんましん)」

病院に行きたいけれど、何科で診てもらえばいいのか?

ズバリ!まずは『総合病院』に行きましょう!

「蕁麻疹」の主な原因と症状

サバなどの食品によるアレルギー反応としての症状、
運動による発汗、添加物、抗生剤など薬によるもの、
動植物による刺激、感染症、外的ストレスなどが
あげられます。

短時間に広い範囲に症状が出る場合が多く、
皮膚の一部が蚊にさされたように赤く膨らみ、かゆみが起こります。

皮膚の血管の周りにある「肥満細胞」と呼ばれる
細胞が刺激を受け「ヒスタミン」という化学物質を
出していることが原因です。

初期症状から1ヶ月以上続く「慢性蕁麻疹」とスグに
治る「急性蕁麻疹」があります。

「慢性蕁麻疹」の多くは、夜間発症し、
翌日には消えまた、夜になると現れる。を繰り返します。
根本的な原因は、分からないことが多く、
いくつかの要因が絡み合っていることがほとんどです。

「湿疹」の主な原因と症状

始めは「蕁麻疹」と判断が難しい、赤いブツブツが
出るという症状で、そのうち1つ1つが大きくなり、
水泡のようになり、かゆみが増します。

幼児や子供に比較的多くみられ、かきむしってしまうと、
さらに悪化しかゆみも増し、皮膚がただれたような跡が
できてしまう場合もあります。

皮膚に直接当たった、金属やアクセサリーが原因で
起こることもあり、ニッケルなど、特定の金属の
アレルギーによって引き起こされるものから、化粧品
や洗剤、ゴム製品などの化学物質が原因のものまでさまざま。

大きな問題点!!

最大の問題は、どちらも時期や段階によって症状が似ている
ことで、医者でも間違えることがあるということです。

そのため、当然素人が簡単に見た目だけで判断できるもの
ではなく、その原因が外的なものなのか、内部疾患などによるものなのか?

分かりません。

なので、最初に行く病院を勝手に判断してある専門の「何科」
を選択してしまうことで、その判断が正反対になってしまう
こともあるので、その「初期判断」でその後の症状が大きく
変わってしまうことがあるので要注意です。

多くの人は、皮膚がかゆいから皮膚科

アレルギーだから、内科?

などと、自分で判断しがちですが、

ココが最大の落とし穴です。

その判断基準こそが、最大の脅威なのです。

あなたは、その症状を「蕁麻疹」だ。

と、思っているかもしれません。

蕁麻疹 何科?

そう、おそらく子供が「蕁麻疹」で泣き止まない。

「蕁麻疹」でかきむしっちゃって。

そんなとき、どうすればいいのか?

と、ネットで検索し、

いま!この記事を読まれているのだと思います。

似た症状で「湿疹」や「かぶれ」などがあります。

おそらく「蕁麻疹」だと、判断したのは、

今までは全くなかったのに、急にかゆくなったから。

アレルギー体質だから「蕁麻疹」

と、勝手に決めつけてはいませんか?

質問です。

あなたは、専門医ですか?

でしたら、その判断は間違いないでしょう。

ですが、専門医でないのなら、その勝手な判断が、

その後とても恐ろしいことになる可能性があることも・・

よ~く覚えておきましょう。

「過眠症」はかなり危険!原因のわからない睡眠障害への対策

睡眠障害「過眠症」

睡眠障害はいくつかの種類があり、
過眠症はその中のひとつです。

日常生活の会話の中でも、よく登場してくる
睡眠障害の不眠症に比べ、
過眠症はイマイチ聞き慣れない方も
多いのではないでしょうか。

過眠症は読んで字の如く

「眠り過ぎてしまう症状」

きちんと治療したほうが良いです。

症状が重い場合だと状況によって
危険なケースも予想されるので、
治療は早急に開始する必要があります。

過眠症は大きく分けて3種類あります。
  1. ナルコレプシー
  2. 特発性過眠症
  3. 反復性過眠症
ナルコレプシー

過眠症の中で一番比率が高く、2000人に1~2人、
10代で発症することが多い疾患です。

症状は次のようなものになります。

  1. 日中に我慢できないほどの睡魔と居眠りが繰り返し起こる。
  2. 居眠りは30分以内で、目覚めたあとは一時的にすっきりする。
  3. 突然体の力が入らなくなる事があり、酷いときには座り込んでしまう。
  4. 居眠り中金縛りや、現実と区別がつかないような夢を見たりする。
特発性過眠症 (10万人に2~5人)
  1. 日中に眠った場合、起こそうとしても1時間以上は目が覚めない。
  2. 寝覚めが悪く、寝ぼけたり、すっきり感も無い。
  3. 夜間の睡眠が長時間(10時間以上)に及ぶケースもある。
反復性過眠症(一番少ないケースです。)

男性のほうが女性よりも発症頻度が高く、
大体が10代で起こります。

強い睡魔が襲う期間が3日~3週間続き、
その後症状が無くなるので
回復したかと勘違いしてしまいますが、
しばらくの期間の後また同じような症状に見舞われます。

以上が過眠症の症状ですが、
これらの原因は現在のところハッキリとは分かっていません。

脳神経系の機能異常というところまでです。

過眠症治療に関しては

睡眠習慣の改善と精神刺激薬投与

が治療の2本柱ですが、
詳細については専門医に相談しましょう。

過眠症の中でも特発性過眠症は特に注意が必要です。

耐え難い睡魔が運転中などに襲ってきた際には、
取り返しの付かない事態になってしまう
事も考えられるからです。

睡眠障害に関しては、
おかしいなと感じたら早めに専門病院へ行き、
相談や治療を実行することをおすすめします。

病気