お歳暮 熨斗(のし)の種類と意味 書き方のルールを間違えると色々ヤバい

熨斗

お歳暮の上にのっている熨斗(のし)

お歳暮に限らず、
様々なシーンで活躍している
「のし」ってなんなのでしょうか?

書き方によって意味の違いはあるのでしょうか?

熨斗

適当に出してしまった後で恥ずかしい思いをする前に、
のしについてこっそり覚えておいちゃいましょう。

まずは、そもそも「のし」って何ぞやってことから。

漢字では「熨斗」と書きます。

熨斗の意味

「のし」は元々紙だけではなく、
「あわびのし」というアワビを乾燥させたものを、
のし袋に付けた形式が由来のようです。

紙の真ん中に紅白の紐を結びつけます。

これは「水引き」と呼ばれているもので、
のしの目的によって結び方が変わってきます。

「蝶々結び」がお歳暮の場合の結び方です。

ちなみに結婚式やお葬式での結び方は
「結び切り」と言われている固結び。

ほどけては困るといった意味合いのようです。

ちょっぴり高価なおつまみの乾燥アワビをつけたのし。

「のしをつけて返す」という言い回しは、
プラスアルファの価値を乗せて返す
という意味なんですね。

熨斗の種類

最近では「短冊のし」
という簡易版も出回っているので、
価値の上乗せ感の意味を想像するのは
ちょっと難しいかもしれませんけどね。

熨斗の書き方

普通のタイプも短冊タイプも同様の書き方です。

のしの中央にある水引きの上部には「御歳暮」など、

その贈り物の内容を、下部には「姓名」や

「会社名」といった送り主の名前を記載します。

のしの書き方はこれだけです。

簡単ですよね。

ちなみにお歳暮ギフトの箱の上に
貼り付けたものを「外熨斗」

箱の中に収めたものを
「内熨斗」といいます。

相手に直接手渡しをする場合には外熨斗にし、
風呂敷などで包んで現地まで運びます。

しかし最近ではデパートなどでお歳暮を購入し、
そのまま郵送する機会の方が多いと思います。

その場合だとお歳暮を郵送中に
のし紙が破れたりしてしまいかねないので、
内熨斗を選んだ方が無難です。

日本の伝統文化「お歳暮」

書き方とルールをスマートにこなせば、

若い人であればあるほど、株が上がってしまうこと請け合いですね。

行事

酉の市で幸運をかきこめ!熊手の粋な買い方と飾り方!ルール

酉の市

酉の市が近づくと、そろそろ年の瀬だな~

って感じる人も多いのではないでしょうか。

あの賑やかな酉の市が今年もやってくると、

「熊手買わなきゃ」

とお祭り気分でワクワクしてしまう方も。

酉の市

江戸時代から始まったとされる酉の市は、

日本の伝統文化のひとつですが、伝統文化につきものの

「ルール」

というやつがここにも存在してたりします。

「買い方」と「飾り方」のルール

知らない人も結構いると思いますので、
この機会に酉の市について覚えておいちゃいましょう。
「ちょっとカッコイイヤツ」になれますよ。

酉の市とは?

11月の酉の日に行う市のことをさします。
1回目を「一の酉」、2回目を「二の酉」と言い、
タイミングが合えば「三の酉」を行う年もあります。
その酉の市での目玉はやっぱり

「縁起熊手」

を買うことですね。

フィーリング重視で気に入った物を選んで構いません。

ただ鳥の手の形に似ているこの縁起熊手の購入方法には、
以下のようにちょっとしたルールがあります。

 

  1. 良さげなお店をピックアップする
  2. 値札がついていないお気に入りの熊手を見つける
  3. 値段を聞く
  4. 大体ちょっと高めの値段を言ってくるので値段交渉をする
  5. かなり下の金額が返ってくる
  6. その金額で良ければ「じゃあ、まけてくれた分はご祝儀だよ」と言って前の金額を支払う
  7. 買った熊手に名前を入れてくれる
酉の市の熊手 相場

購入金額が1万円以上や毎年そのお店に来てくれる常連さん

だと、商売繁盛祈願の
「手締め」をしくれるみたいです。

買った縁起熊手の飾り方についてご説明しましょう。

  • 基本は目線より高い位置に飾る
  • 玄関の場合には熊手の正面を出入口にむける
  • 室内の場合には熊手の正面を東西南へ向ける
  • 仏壇や神棚がある場合にはそこに飾る

飾り方の基本は以上になります。

酉の市の江戸時代から続く「粋なルール」をマスターして、
この一年も幸運をガッポガッポかき込んじゃいましょう!

行事