インフルエンザは予防接種してもかかる!?

インフルエンザ予防接種かかる,効果

インフルエンザになると小さい頃から受けた経験もあり

現在も受けている方もいると思います。

インフルエンザの予防接種」です!

インフルエンザの流行に潜む黒い影などについて

話させてもらったと思いますが

もう少し具体的に掘り下げてみたいと思い

色々と調べてみました。

インフルエンザ予防接種かかる,効果

予防接種してもかかる時はかかる!?

TVや雑誌、最近ではTwitterなど情報を得る場面は

いくらでもあると思います。

そして子供の頃なども学校でインフルエンザの予防接種を受けてから

なんか予防接種の受けるのが当然みたいな感じで捉えている方も

多いかもしれませんが色々と調べていると

断定は出来ないかもしれませんがインフルエンザの予防接種を

受けようが受けまいが…かかる時はかかる!という声が

多かったような気がします。

インフルエンザの予防接種にはタイムラグがある

では、なぜインフルエンザの予防接種を受けてもかかるのかは?

予防接種の効果が体に出てくるまでの期間が

約2週間ほど必要らしいです。

インフルエンザ,予防接種,かかる,時期

なので予防接種を受けたから「今年のインフルエンザは大丈夫」と

胸を撫で下ろしていても何らかのタイミングで

職場や電車の中で誰かのウイルスをもらいインフルエンザにかかる事も

無いとは言い切れないので予防接種を受ける前は

体に効果が得られるまでには2週間ほどのタイムラグがあるという事を

覚えておいてもらったら気持ち的にも警戒できり安心できるんでは

ないだろうかと思います。

そして予防接種を受けてると効果がある期間は約5ヶ月程で

かかる確率は約70%らしく

残りの3割に該当してしまうと残念ながらかかると言われているみたいです。

予防接種のタイミングも大事!

インフルエンザの時期は、ある程度寒くなってきた頃から

流行し始め最もインフルエンザが流行する

季節は12月~3月頃にかけてと言われており

かかる,インフルエンザ,予防接種,ウイルス

その時期に日本中をウイルスが駆け巡ります。

なので絶賛インフルエンザが流行中というような季節の真っ只中で

慌てて予防接種を受けても本来の効果が望めないらしく

仕事などで忙しい場合は仕方ないと思いますが

もし受けようとお考えの場合は

出来るだけ先程述べた時期に予防接種を受けてもらう事が

好ましいとタイミングと言われているみたいです。

またインフルエンザの予防接種のワクチンは新型のような

突然現れたウイルスには、あまり効果はなく

効き目なども無くなる場合があるとされています。

インフルエンザ,予防接種,マスク

なのでインフルエンザの予防接種を受けても

新型やウイルスの種類によって、かかる事もありますが

防ぐ効果を発揮する事もあるので、もし予防接種をした時は

効果が出る期間やインフルエンザが流行時期を

頭の片隅にでも良いので覚えておきつつ

自分でも出来るだけのマスク、手洗い、うがいなどで

防ぐ事もしてもらえれば気持ち的にも安心かと思います。

やっぱり少し黒い影が見え隠れする感じになりますが

これ?ってと疑うような症状に気づいた際は

早めの診断がおすすめかと思います。

インフルエンザ 予防接種 風邪?熱が凄い?流行に潜む黒い影!?

インフルエンザ予防接種

インフルエンザは寒い季節になると、
必ずと言っていいほど流行になります。

そして毎回「インフルエンザ予防接種

を促すようにTVなどのマスコミ各社は騒ぎ立てます。

インフルエンザシーズンになると医師や専門家が出演して

「予防接種」の必要性を訴えます。

インフルエンザ予防接種

「今年のインフルエンザは例年異常に猛威を振るう」とか

「小さいお子さんや体力の低いお年寄りの方は危険ですから、

特に予防接種をうけてください」などと。

そして「ワクチンの製造が間に合わない」

「インフルエンザワクチンの備蓄量が足りない」

といった毎度の報道に、
「ヤバイ、早く予防接種をやらなきゃ!」
と不安感を煽られたりするのです。

しかし本当にインフルエンザの予防接種は
打たなくてはならないのでしょうか?

予防接種をやれば本当にインフルエンザにかからないのでしょうか?

毎年毎年、同じことの繰り返しが、
非常に疑問に感じたので色々調べていると・・・。

厚生労働省のホームページでは
12月中旬までに予防接種を行うことを推奨しています。

インフルエンザの流行は1月上旬~3月上旬がメインで、
接種後の抗体上昇が2週間ほどかかるというのが理由です。

しかしそのシーズンに流行するであろうインフルエンザが
一体いつ判明するか考えてみてください。

インフルエンザ

どう考えてみても、おかしい・・・

インフルエンザウィルスを解析し、
ワクチンを作り出すのは時間がかかる。

しかも大量に作り出して、
世界中の自治体、医療機関に行き渡らせるのって
時間的にまず不可能なのではないでしょうか。

インフルエンザワクチンが出来た時には
既に「流行真っ最中」か、
下手をすると「過ぎ去って」いるなんてことも。

実際WHO(世界保健機関)のHPでも
「インフルエンザワクチンの有効とするデータはなく、
ワクチンの摂取で感染予防はできない」
なんて記載されているのです。

ここまでキッパリ言われると・・・身も蓋もない状況ですよ。

じゃあ何故効きもしない
予防接種の推奨をアチラコチラで耳にするのか。

ぶっちゃけ儲かるからでしょう。(独断と偏見)

世界的な「インフルエンザ予防接種ビジネス」
のニオイがプンプンしてくると感じてるのは
私だけでしょうか。

みなさんも是非ご一考を。

病気

インフルエンザの症状【まとめ】病院は発熱相談センターで聞きましょう!

インフルエンザ

インフルエンザの症状は、発熱、咳、喉の痛みなど、

非常に風邪と似ているので、なかなか区別することが難しかったりします

判断のポイントは「急に」症状があらわれたかどうかです。

インフルエンザ

急に発熱や咳や喉の痛みがやってきた場合には、
まずインフルエンザの症状かなと疑ってみましょう。

しかし世間が騒ぐほど、慌てる必要も実はないのです。

重症化するケースはほとんどなく、
大抵が軽症で回復します。

さほどの苦痛もないので、病院へ行かずに

自宅で療養して終わるといった事も多いのです。

なので必ず病院で受診する必要はありませんので、
症状が比較的軽く、自宅にある常備薬などで療養できる方は、
病院やクリニックへ行かなくても構いません。

ただし以下の症状を持っている方や該当者は、
インフルエンザの症状を感じたら速やかに病院へ行ってください。

  • 慢性呼吸器疾患
  • 慢性心疾患
  • 糖尿病などの代謝性疾患
  • 腎機能障害
  • ステロイド内服などによる免疫機能不全
  • 妊婦
  • 乳幼児
  • 高齢者

あと、以下の症状を感じた場合にも、
病院へすぐ行くようにしてください。

  • 呼吸が速く、息苦しい
  • 顔色が悪い(土気色、青白いなど)
  • 嘔吐や下痢がつづいている
  • 落着きがない、遊ばない、反応が鈍い(特に子供)
  • 症状が長引いており悪化してきた
  • 胸の痛みがつづいている
  • 3日以上、発熱が続いている

以上に挙げた症状には十分に注意が必要です。

次にインフルエンザになった場合には、
どこの病院へ行けばよいかという事についてです。

行き先は「発熱患者の診療をしている医療機関」

どこにあるのか判らない場合には、
各地区の保健所などに設置されている、
発熱相談センターに電話をし、
どの病院へ行けば良いか相談してください。

病院の所在が分かっている方も、
すぐに病院へ行くことは避けて、

事前に電話をかけて受信時間を確認してから診察を受ける事

かかりつけの医師がいる場合には、
そちらへ連絡を取り指示を仰ぐようにしましょう。

インフルエンザの症状が現れた時の対応を記載してきましたが、
自分の治療と同様に大切な事があります。

それは「人に感染させない」という点です。

熱がさがってから2日目、発熱や咳(せき)、
のどの痛みなど症状がはじまった日の翌日から
7日目までは、通学や出勤など外出は極力避けるべきです。

そして同居している家族がいる場合には、
インフルエンザが感染しないように
配慮した生活を送るようにしてください。