コンプライアンスとは?何が違反になるのか?セミナー内容と事例紹介

AV075_L

コンプライアンスとは企業の不正行為を未然に防ぐために使われます。

コンプライアンスをテーマに行き過ぎたコンプライアンスが問題視され、

映画にもなっています。しっかりと理解すべきである。と、

最近更に話題になっています。

しかしコンプライアンスは何も難しい話ではありません

>>これならわかる!コンプライアンス こんぷら社長が語る / 笹本雄司郎 【単行本】

コンプライアンスは「企業が法律に従うこと」を念頭に置いて、

いわゆる社会のルールを守り活動する事です。

コンプライアンス

企業のルール=コンプライアンスと考えても問題ありません。

ではどんなルールがあるか?

何をすればコンプライアンス違反になってしまうのでしょう?

コンプライアンス 違反 事例

まず企業によってコンプライアンス違反になりやすい環境があります。

特に中小企業や自営業などがそうだと言われています。

大企業でも上層部になると…というイメージはあります。

ワンマン経営や、一族経営(身内で固めた企業)など、

一人、または一部で決定権を持った企業に違反が多くあります。

コンプライアンス違反

違反事例
  • 集金したお金を一時流用した
  • 就業時間外にバイトした
  • 同窓会名簿を営業用DMに利用した
  • 宣伝でライバル商品をけなした

このように明らかにコンプライアンス違反とわかるものから、

  • 上司に断らずに残業した
  • 取引先を過剰接待した
  • 取引先からギフト券をもらった

ちょっと判断に迷ってしまうものもあります。

こうした「違反か?違反じゃないか?」という場合を、

解説、または説明し理解してもらう為にコンプライアンスセミナーがあります。

コンプライアンスセミナーではその企業の責任ある人が任命され、

勉強会やセミナーに参加します。

コンプライアンスセミナー 内容

コンプライアンス セミナー

セミナー、またはコンプライアンス研修として実施されています。

コンプライアンスセミナーの内容は「こういう場合はどうするか?」という、

実際の場面を想定したものもあります。

コンセプトとしては「知識を問う」場所ではなく、

「アクションを考える」場所です。

恥をかきたくない人は事前に勉強してからセミナーに参加するようですが、

出来れば今のままで行った方が『勉強』できて、何より身に付きます。

その後「自分がこう思っていた事が違った。」と、社内で報告する時にも、

ただ貰ってきたレジュメを読むよりも伝わりやすいかと思います。

インターネットが普及し、個人情報保護方針はまだまだ複雑になります。

何の仕事でも必要になってくる知識。

コンプライアンスをこの機会に身に付けておきましょう

【不正アクセス】Yahoo!不正アクセス問題。事例と対策

不正アクセス

不正アクセスの事例としては今や有名となってしまったYahooの不正アクセス問題。

不正アクセスの被害を受けた場合の対処法と未然に防ぐ方法、そして不正アクセスの手口についても知っておきましょう。

Yahoo不正アクセス事件

日本で一番有名なウェブサイトであっただけに、その利用者数も多く、誰もが関心のある事件になりました。

不正アクセスとはどういった被害があるのでしょうか?

不正アクセスによるデータの改ざん

例えば、自分の所有するパソコンに見知らぬ他人から、IDやパスワードを勝手に使用され、個人情報や自分のパソコンの中身を覗かれるという被害があります。

不正アクセスによってこの個人情報などを知られると、他人がログインしていても「所有者」としてパソコンが認識してしまうため、パソコンのパスワードを書き換えられたりします。

これにより個人を特定する「アカウント」の乗っ取りという被害にあいます。

不正アクセス

不正アクセス

不正アクセスによるデータの漏えい

データをまとめているデータバンクに不正アクセスされると、そこに保存してある全てのデータを閲覧、または持ち出す事が可能となってしまいます。

それらのデータを売買して、金銭等を得るという手口もあるそうです。

不正アクセス対策をしよう!

不正アクセスを未然に防いであなたの情報をしっかりと守りましょう!利用しているサービス、例えばYahooのIDやパスワードを他人に教える事は絶対にやめましょう。

パスワードを教える?そんなバカな事をするワケがないじゃないか?と思っている方も居ると思います。

でも忘れてしまうから…と思ってキーボードのすぐ近くにIDとパスワードを書いた付箋なんかを貼り付けていては意味がありません。

私の個人情報なんて悪用出来ないから私には関係ないなー!と思っている方も注意が必要です。

不正アクセス対策

不正アクセス対策

日本の国籍がある。というだけで利用価値がある。と判断する犯罪集団もあります。

またデータの漏えいに関しては、こまめにパスワードを変更する事が必要です。

その際はWEBサービスの方から必ずアナウンス等があるので見逃さないようにしましょう。

しかし、今回の不正アクセスでの事例であるYahoo事件では、更に困った事が起こっています。

不正アクセスYahoo事件の二次被害

『Yahoo事件の被害』を対策しましょう。という詐欺のメールです。

Yahoo不正アクセス事件が有名になってしまい、自分も可能性があるのでは?

と、思っている状態の人の元へ、このようなメールが届きます。

手口の内容としてはメール本文にあるURLへアクセスして、古いパスワードと新しいパスワードを入力する。

という簡単なもの。これは入力すればたちまち不正アクセスを行なっている第三者のパソコンへデータが送信されます。

不正アクセスの手口

不正アクセスの手口

対策のつもりが、被害を余計に大きくしてしまった……。これでは泣くに泣けません。

「怪しいな?」と思った時は、きちんとメールの送信元を確認する癖をつけましょう。

それだけで不正アクセスの被害を抑えることが可能です。

東芝ダイレクト

集団パニックの事例と、パニックの対処方法

集団パニックの事例

集団パニックの事例

パニック ― 集団が非論理的な行動を取る。

集団パニックは「集団ヒステリー」と言い換えられる場合もあります。

最近起こった集団パニックの事例では、

兵庫県上郡市で起こった女子高生18人集団パニックが記憶に新しいと思います。

[集団パニック 動画]

この事例では泣き喚いたり、呼吸がどんどん速くなっていき

「過呼吸」の状態が18人も同時に起こりました。

集団パニックの発症は、一人の恐怖が他の皆に伝染していき発症します。

この事例でも一人の女子高生が原因で次々と発症していき、

集団パニックに陥りました。

集団パニックの事例

集団パニック

パニックとは人や動物に突然襲い掛かる恐怖状態。

心拍数は120を越えると「パニック状態」と判断されます。

集団パニックの事例は他にも多数あり、すぐに思い浮かぶのは「地震」です。

関東大震災の時も集団パニックがありました。

予防策としてシェルターや避難場所を、しっかりと確保してアナウンスを行なっているのですが、

それが いざ 本当に地震や天災が来ると中々普段の判断をする事が難しくなります。

パニックに陥りそうになるときはまず深呼吸。

呼吸を整える事が一番です。

呼吸を整え、脳に酸素を送ります。

頭をスッキリさせる事によって普段の自分を取り戻し、

冷静に判断が可能となります。

とはいえ、この事例でもあるように集団パニックを一度発生させると、

少々の事では治める事が難しいのが現状です。

今回の事例ですと一人も『冷静』な人が居なかったのが原因とも言えます。

他に気になるのは取り上げられていたように「霊感があった」という証言ですが、

これも本当の所はわかりません。

何しろパニック状態での発言という風に判断されてしまうからです。

集団パニックを抑えるには、

あれこれと考えるよりもまず冷静になるために、深呼吸しましょう。

そしてまだそれほど酷い症状になっていない人を探し、一緒に皆に落ち着くように言います。

落ち着きを皆と共有する為に他の人に協力を仰ぎましょう。

一人の力では集団パニックを抑える事は余程の何かが無い限り不可能です。

集団パニックの事例と対処方法について覚えておきましょう。