蕁麻疹の原因は肝臓の疲れからくる?噂の真相はコレ!

蕁麻疹の血液検査

蕁麻疹が出る原因は肝臓の疲れなどが

関係しているという噂があり

蕁麻疹の場合は何科にいけばいいか、などを

話したと思いますが蕁麻疹になる前に

肝臓の疲れなどが関係しているのか?どうなのか?

知るのも予防につながると思い調べてみました。

蕁麻疹が出るのは肝臓の疲れが原因か?

蕁麻疹というと食物のアレルギー、ストレスが

原因というふうによく言われています。

実際、肝臓が疲れていたり弱っていたりすると

蕁麻疹が出るのか?調べてみると…

 

蕁麻疹の原因は肝臓

 

医学的には証明されておらず

肝臓の疲れや弱っていることが原因で蕁麻疹が出るという

根拠は無いみたいです。

 

また肝臓が悪くなると多少の痒みなどが出ることがあり

この場合は肝臓病とも言われている肝炎などが考えられ

痒みなどが頻繁に出ますが蕁麻疹とは違うと言われていています。

蕁麻疹=痒み

というふうに勘違いし考えが混合したのが

噂が出た原因と考えられます。

しかし蕁麻疹の症状が多い場合はB型・C型肝炎に注意?

普通の肝臓病(肝炎)とは違いB型肝炎・C型肝炎ウィルスになると

蕁麻疹が出る時があるみたいで

この場合は普通の蕁麻疹より症状が重く

蕁麻疹が消えるのに時間が掛かり跡などが残るとされています。

 

蕁麻疹、肝炎の診察

 

なぜそうなるのかはB型肝炎やC型肝炎などが何らかの皮膚疾患で

合併症を引き起こしたことが原因とされているみたいです。

予防する方法としては普段、生活をしている中で

少しでも蕁麻疹のような

症状が出始め蕁麻疹のような症状が収まらない時は

自分で考えず一度、血液検査などを受けてから

医者なのど知識を仰ぐことが重要と言えます。

 

蕁麻疹の血液検査

 

また以前にも肝臓病など肝機能に異常があった方は

肝炎は慢性的になる時もありますので

早めのに治療と診察が早期発見にもなりますので

気になった方は診察することおすすめします!

蕁麻疹も含め、どんな病気でもそうですが

自分で勝手に判断をくださないことが注意したいところですね。

蕁麻疹(じんましん)が出来るの原因はストレスが関係している【まとめ】

蕁麻疹ストレス原因2

突然全身がかゆくなる蕁麻疹(じんましん)。

誰もが一度経験したことがあるかもしれません。

蕁麻疹が発症し
その症状を悪化させる様々な増悪因子というのがあります。

  • 細菌やウイルスにの感染によっての悪化
  • ストレスによる心の状態によっての悪化
  • 疲労によっての悪化
  • 入浴によっての悪化
  • 運動によっての悪化
  • 暑さや光などの物理的刺激によっての悪化
  • 食物によっての悪化
  • 月経によっての悪化

様々な増悪因子で、症状が悪化します。

一番多いのは、ストレスと疲労です。

蕁麻疹ストレス原因2

これらの、増悪因子を避けることができれば
生活への影響が少なくなります。

蕁麻疹の患者の人の中には

  • なぜ発症してしまうのか?
  • いつ発症してしまうのか?

極度に恐るあまり、
かえって強いストレスを感じて症状を悪化させる人もいます。

自己暗示によって症状が楽になこともあります。

ストレスは、心と密接な関係があります。
このストレスが関係する蕁麻疹は
心理療法や、薬物療法が有効です。

蕁麻疹ストレス原因

リラックスをさせることが非常に有効的です。

驚きなのは、蕁麻疹の原因が特定できた例は
極めて少ないという事です。

蕁麻疹にも種類があります。
まず最も頻度の高い特発性蕁麻疹。

この蕁麻疹は直接的誘因がなく
先ほど書いた増悪因子が背景となりえますが
はっきりとした原因はわかりません。

次に刺激誘発型蕁麻疹
原因としては特定の刺激や負荷が存在します。

次にアレルギー性蕁麻疹
食べ物、薬物、植物、昆虫の毒素等が原因で
30分以内に発症することが多いです。

これらの蕁麻疹の治療はどうしたらいいのでしょうか。

取りあえず、静かに過ごすことと
なるべく刺激を与えない事が大事です。

中心となるのは薬物療法です。
坑ヒスタミン薬や坑アレルギー薬などの内服薬を飲みます。
大部分の人が数日で症状がおさまります。

正しい知識を知って蕁麻疹と向き合っていきたいですね。

病気

蕁麻疹(じんましん)は何科に行くの?間違えると恐ろしい!覚えておきましょう

蕁麻疹 何科?

かゆくて、かゆくて、たまらない!「蕁麻疹(じんましん)」

病院に行きたいけれど、何科で診てもらえばいいのか?

ズバリ!まずは『総合病院』に行きましょう!

「蕁麻疹」の主な原因と症状

サバなどの食品によるアレルギー反応としての症状、
運動による発汗、添加物、抗生剤など薬によるもの、
動植物による刺激、感染症、外的ストレスなどが
あげられます。

短時間に広い範囲に症状が出る場合が多く、
皮膚の一部が蚊にさされたように赤く膨らみ、かゆみが起こります。

皮膚の血管の周りにある「肥満細胞」と呼ばれる
細胞が刺激を受け「ヒスタミン」という化学物質を
出していることが原因です。

初期症状から1ヶ月以上続く「慢性蕁麻疹」とスグに
治る「急性蕁麻疹」があります。

「慢性蕁麻疹」の多くは、夜間発症し、
翌日には消えまた、夜になると現れる。を繰り返します。
根本的な原因は、分からないことが多く、
いくつかの要因が絡み合っていることがほとんどです。

「湿疹」の主な原因と症状

始めは「蕁麻疹」と判断が難しい、赤いブツブツが
出るという症状で、そのうち1つ1つが大きくなり、
水泡のようになり、かゆみが増します。

幼児や子供に比較的多くみられ、かきむしってしまうと、
さらに悪化しかゆみも増し、皮膚がただれたような跡が
できてしまう場合もあります。

皮膚に直接当たった、金属やアクセサリーが原因で
起こることもあり、ニッケルなど、特定の金属の
アレルギーによって引き起こされるものから、化粧品
や洗剤、ゴム製品などの化学物質が原因のものまでさまざま。

大きな問題点!!

最大の問題は、どちらも時期や段階によって症状が似ている
ことで、医者でも間違えることがあるということです。

そのため、当然素人が簡単に見た目だけで判断できるもの
ではなく、その原因が外的なものなのか、内部疾患などによるものなのか?

分かりません。

なので、最初に行く病院を勝手に判断してある専門の「何科」
を選択してしまうことで、その判断が正反対になってしまう
こともあるので、その「初期判断」でその後の症状が大きく
変わってしまうことがあるので要注意です。

多くの人は、皮膚がかゆいから皮膚科

アレルギーだから、内科?

などと、自分で判断しがちですが、

ココが最大の落とし穴です。

その判断基準こそが、最大の脅威なのです。

あなたは、その症状を「蕁麻疹」だ。

と、思っているかもしれません。

蕁麻疹 何科?

そう、おそらく子供が「蕁麻疹」で泣き止まない。

「蕁麻疹」でかきむしっちゃって。

そんなとき、どうすればいいのか?

と、ネットで検索し、

いま!この記事を読まれているのだと思います。

似た症状で「湿疹」や「かぶれ」などがあります。

おそらく「蕁麻疹」だと、判断したのは、

今までは全くなかったのに、急にかゆくなったから。

アレルギー体質だから「蕁麻疹」

と、勝手に決めつけてはいませんか?

質問です。

あなたは、専門医ですか?

でしたら、その判断は間違いないでしょう。

ですが、専門医でないのなら、その勝手な判断が、

その後とても恐ろしいことになる可能性があることも・・

よ~く覚えておきましょう。