原子力発電所の仕組みについて簡単に説明します。

原子力発電所のタービン

前の記事で原子力発電所についてはその数と設置されている場所などがわかったと思います。

では原子力発電所の仕組みについてはどうでしょうか?

原子力発電所がどのような仕組みで動いているのか?

それを覚えておきましょう。

 

かんたんな原子力発電の仕組み

(1)まずウランなどの核燃料が核分裂をして熱が出ます。

(2)そして水が蒸発していきます。

(3)そこで出来た水蒸気が原子力発電所のタービンを回します。

(4)このタービンが発電機を回して電気を生み出します。

 

原子力発電所の仕組みのまとめ 🙄

燃料を入れる→熱が発生→蒸発した水蒸気がタービンを回す→タービンが電気を生む

以上の工程で原子力発電が始まります。

原子力発電所の仕組みについては理解出来たでしょうか?

と、ここで理解が出来たらなら一番なのですが……、

ウラン、タービン、という聞きなれない言葉が出て来ました。

この2つを説明すると、

ウランとは:.最初に発見された放射性元素。

タービンとは:下の写真をご覧下さい。

原子力発電所のタービン

タービン

この大きなタービンを水蒸気が回します。

物凄い量の水蒸気であるとわかりますね。

ここまでで原子力発電所の仕組みを簡単に説明しました。

 

ちょっとむずかしい?原子力発電所の仕組み

原子力発電所の仕組みを知るために、まず発電について知っておきましょう。

磁石というのは磁力線が出ていてN極からS極へと向かっています。

このNとSを横切るようにコイルを動かすとコイルの導線に電気が流れます。

コイルの内側に磁石を置いて、それを回転させる事によって電気が作られます。

自転車のライトを思い浮かべて下さい。

原子力発電所の仕組み

発電の仕組み

この仕組は原子力発電と基本原理は同じです。

ではその原動力(エネルギー)に何を使うか?

自転車のライトは人力発電。

水なら水力発電、火なら火力発電といういう風に、原子力発電はその名の通り原子力を使います。

このエネルギーが昨今問題に取り上げられています。

原子力発電所の仕組みについてザックリと説明しましたが、

少しでもイメージ出来るようになったら幸いに思います。

フクシマからはじめる日本の未来

私達の生活に今や必要となってしまった原子力発電所。

色々なお話がこれから行われ、どういう風に進んでいくか?私達は見届けなければいけません。

原子力発電所は何処にある?日本と世界の原子力発電所と数

原子力発電所

原子力発電所は昔から色んな物議を醸しています。

日本にも原子力発電所はあり、また世界中にも存在します。

日本で原子力発電所の場所が何処にあるか?

また、その数はいくつか存知でしょうか?

記憶に新しい所では福島第一原子力発電所が有名になってしまいました。

3.11の東日本大震災によって炉心溶融と建屋爆発事故が発生し、

このニュースは世界中に放映されました。

原子力発電所が日本にあった事をこのニュース・事故によって知った人も少なくありません。

それほど今までの日本では原子力発電所についてかなり慎重に事を運んでいました。

原子力発電所

原子力発電所

日本の原子力発電所の歴史は、1952年にサンフランシスコ講和条約が発効された事により、その研究が始まります。

それまで日本で原子力発電所(原子力)の研究自体が連合国によって禁止されていました。

それからウラン燃料少量で大量の電気が作れて、発電量当たりの単価が安い。という事で急激に研究スピードが早まり、今日に至ります。

日本の原子力発電所が何故ここ最近でこれほどまでに注目されるようになったのかは、前述した東日本大震災による福島第一原子力発電所事故が原因です。

日本の原子力発電所はそれまで世界でも有名(になってしまった)なチェルノブイリ原発事故よりも被害が大きく、非常に難しい問題になりました。

日本の原子力発電所での大きな事故はこれまで無く、ここまで深刻になった事は初めてで、これをマスコミが大きく取り上げ、国民が反応し自体が表面化しました。

しかしマスコミが日本の原子力発電所についてのニュース・報道を次第に少なくしていったような印象を受け、

そこからまた日本に原子力発電所は必要か?必要でないか?という埋められない溝の大きな二分化が起こりました。

現在、日本の原子力発電所の数は、運転中:50基以上となっています。

 

  • 運転中:50基以上
  • 建設中:3基
  • 計画中:10基
  • 閉鎖・停止済み:5基

 

日本に原子力発電所が必要か?不必要か?

これは我々の代で何としても答えを導き出さなければいけない問題です。