補助金とは?助成金との違い 使用目的・種類をわかりやすく解説【中小企業】

補助金とは?

政府が直接的または間接的に公益上必要がある場合に、
民間や下位の政府に対して交付する金銭的な給付のこと。


ん~…何だかよくわかりませんね

わかりやすく言うと、

補助金は 行政から「支給されるお金」となります。

補助金にはいくつかの種類があります。

予算科目上 分類 一覧
  • 補助金
  • 負担金
  • 補給金
  • 委託費
  • 交付金

しかし以上の分類には明確な基準がありません。

補助金

補助金と助成金の違い

よく言い間違われる補助金と助成金ですが、

実はこれについても明確な定義がありません

専門家による媒体によってどちらも使われています。

  • 助成金…厚生労働省が支給するお金
  • 補助金…経済産業省管轄が支給するお金を

このように使い分けはされているようです。

先に述べたように、補助金も助成金も
行政から「支給されるお金」です。

さてこの補助金ですが、
使用していない企業はたくさんあります。

あえて使用していない中小企業と言うべきでしょうか?

補助金を使用しない理由として一番多い理由

どのような補助金があるのかわからない

意外とも取れる内容ですが、
正直な所かなり定義付けが難しい「お金」ですので、

『誰もが使用したい=ライバルが多い』

という式となり。使用する事、自体が難しいです。

自分の会社がどの補助金が適切であるかわからない

これも理由としては同じですね。

そして補助金申請書の作成が難しく、
それらを担当出来る人材不足も使用を遠ざける原因です。

補助金

こういった自体を避けるために「専門家」が居るのですが、
誰かの紹介の場合がほとんどで、

新たに頼むというのも意見が分かれます。

わからない制度は使わない。

いつの間にかこれが一般化してしまった中小企業。

また補助金を実際に使用する場合でもデメリットが目立ちます。

補助金の為に事務作業が大量発生します。

補助金受領後は法定耐用年数の間、
適切な管理をする必要があります。

何だかネガティブな流れで書いてしまいましたが、

メリットは言わずもがな。

補助金・助成金を使用すると決めた場合は、

担当者または専門家をしっかりと用意しましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す