洗濯洗剤の粉と液体の違い!使い分けはココがポイント

洗濯物剤って粉と液体って使い分けたりしています?

実は同じ洗濯物剤でも粉と液体になると

色々と良いポイントがあったり、なかったりと…

いくつか違いがあるみたいです。

洗濯物剤(粉末・液体)洗浄力があるのは?

主婦の人なら分かる方もいるかもしれませんが

洗濯する時に1番重要視するところはズバリ

洗浄力(せんじょうりょく)だと思います!

洗濯洗剤の液体と粉末使い分け比較

同じ洗濯物剤でも粉末と液体になると違いがあり

服の汚れは…皮脂、化粧、食べこぼし、泥

というふうに汚れと言っても色んなタイプがあります。

でも多くの汚れは酸性とされており

この汚れの原因とされる酸性を落としてくれるのが

アルカリ性です。なのでアルカリ性を多く含んだ

洗濯物剤が汚れがよく落ちる洗剤という事です。

また粉末と液体の洗濯物剤には成分の違いがあり

  • 粉末洗濯物剤…弱アルカリ性
  • 液体洗濯物剤…中性、弱アルカリ性、水

という成分内容になっています。

ここで目についたのは液体洗濯物剤の成分の中にある

水だと思います。

洗濯洗剤、メリット、デメリット

超濃縮型洗濯物剤やコンパクトタイプを除き

ある程度の液体洗濯物剤の約7割りは水とされているみたいです。

しかし粉末洗濯物剤になると液体に比べて水を多く傾向もあり

どっちもどっちな感じがしますが汚れに対してなら

粉末のほうは液体に無い、酸素系漂白剤、酵素剤などの成分が

入っているので洗浄力に関しては粉末の洗濯物剤のほうが

おすすめだと思います。

洗濯物剤(粉末、液体)を使うメリットデメリットは?

洗濯洗剤の粉末、洗浄力

じゃあ粉末洗濯物剤のほうが良いので

そればかり使うというのも何か腑に落ちないので

両者にいくつかのメリット・デメリット比較しました。

<液体洗濯物剤>

メリット…全ての洗濯機で使え、粉末に比べて

水で溶かす手間がはぶけてスグに使えて持ち運びにも便利

デメリット…液体なので、手軽に入れ過ぎてしまい消費が激しい

<粉末洗濯物剤>

メリット…液体洗濯物剤に比べて安く手に入り長持ちする汚れが落ちやすい。

デメリット…冬場などは洗濯剤が固まりやすく洗濯物に付着したり

排水の詰まりの原因にもなる。色物、柄物の洗濯物が色あせしたりする。

洗濯洗剤の粉、液体、仕上がり

液体洗濯物剤も粉末洗濯物剤を比較してみましたが

両者の良いところ悪いところを、うまく使い分ける事が

良い仕上がりを目指す良い方法だと思います。

個人的には液体のほうが楽なので使っていますが

これからは落ちにくい汚れなどの時は粉末を使い

色々と試してみたいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す