【ゴルフ】ロストボールのペナルティは1打?2打?実はどちらも正しい理由

ゴルフ OB

OBやロストボールは誰もが経験すること

ゴルフでOBといえば、

プレー出来ない区域にボールが飛んでいってしまったこと。

プレー出来ない区域だからそれでお終いじゃかわいそうなので、

ペナルティを課してゲーム続行になります。

ゴルフ OB

OBだとルールではペナルティは1打、そして打ち直しをします。

問題とされているのはロストボールの対応

ロストボールのペナルティについては「ペナルティ1打」と言う人と「ペナルティ2打」と言う人に分かれます。何故でしょうか?

ロストボールとは紛失球といってボールを見失うことです。

林や茂みに入ったり、泥に沈んだりとさまざまな状況でボールが見つからないことがあります。

ロストボールの扱いについて日本ゴルフ協会(JGA)のゴルフ規則です。

 

  1. 探しても5分以内に見つからなかったり自分のボールと確認できなければ紛失球とする。
  2. ロストボールになったら元の位置に戻って打ち直す。
  3. ロストボールと思われるボールを打った時はその場で暫定球を打つことができる。
  4. ロストボールのペナルティは1打。

 

となっていますので、ペナルティは1打です。

「ペナルティ2打」と言っている人は間違いなの?

正式ルールからすると間違いですが、プライベートでやるゴルフに関してはこれが正しいのです。

どういうことかと言うと、仲間内でのゴルフではロストボールだからといって、正式ルールに従ってもう一度戻って打つということは状況から時間的に無理です。

ゴルフペナルティ

また5分間探すということも、のろのろプレーということで後続の組に迷惑になります。

ですので無くなった場所から打ち進めるというのが一般的なんですね。

1打目のボールがロストボールになり、見失った場所を①としましょう。

仲間内のルールでは:

①の地点から打ち進めるのですから合計2打目になります。

それにペナルティを加えて3打です。

正式ルールでは:

元の地点に戻って打つので合計2打目、そのボールが①の地点に落ちたとして、①からボールを打つと3打目になります。

ペナルティを加えて4打です。

これでは正式ルールに従うと仲間内のルールよりも1打多くなってしまいます。

不公平じゃない?

そこで仲間内のルールで進める時はペナルティを2打とするわけです。

打った2打にペナルティ2打加えると4打になり、正式ルールと同じ打数になります。

仲間内のルールを「ローカルルール」といいます。

正式ルール以外の独自ルールはすべてローカルルールです。

ゴルフ場によってもローカルルールが存在します。

ところでゴルフっていうとどんな印象を持ってますか?

私は、ゴルフバックを抱えてさっそうと外車に乗り込む社長さんといったイメージ。

ゴルフといえば誰でも似たようなイメージを浮かべるのではないでしょうか。

ゴルフは紳士のスポーツ

ゴルフ人口が減少し続け、プレー代金が下がり、ゴルフの大衆化が進んだといってもイメージは残っているようで、それを端的に表しているのがテレビドラマです。

テレビドラマで、財界、政界、法曹界、医学界、日本の支配階級などをテーマにする時には必ずといっていいほどドラマの中にゴルフの場面が出てきます。

最近でも視聴率の高いドラマを挙げると「半沢直樹」で会社社長のステータスとして。

「ドクターX~外科医大門未知子」では医者の権威の象徴として、ドラマ内でゴルフのシーンが使われていました。

金持ちイコール紳士なのか、ゴルフは「紳士のスポーツ」とも言われています。

ゴルフ競技は伝統的に、ルールに従いマナー良く

これが全世界共通のマインドとされるのです。

日本ゴルフ協会の「ゴルフ規則」のはじめには、「礼儀正しさとスポーツマンシップを常に示しながら洗練されたマナーで立ちふるまうべきである。

これこそが正に、ゴルフの精神なのである」と高らかに書かれています。

ところが、日本のゴルフ場はルール無視、マナー違反が横行している場でもあります。

あなたもゴルフ場で他人のマナーの悪さにムカついたことがあるのではないでしょうか。

のろのろプレー、タバコのポイ捨て、挙げたら切りがありません。

それに加えてゴルファーがあまりにもルールを知らなすぎると思いませんか?

ゴルフ ロストボール

初歩の初歩だろう、と思うルールさえも知らないのには腹が立ちます。

とは言ったものの、ゴルフのルールは細かく、複雑なので、覚えきれるもんじゃありません。

プロでもルール違反で退場、ということが起こります。

素人ならなおさらのこと

ゴルフの仲間内でもペナルティのルールに関しては同じ状況でも「ペナルティ1打」だの「ペナルティ2打」だのと言ってることがバラバラなことがよくあります。

ゴルフはいかに少ない打数であがれるかを勝負するのでペナルティが1打加わるのと2打加わるのとでは大問題です。

ペナルティが1か2かに一喜一憂するにしては、ペナルティに関するルールをみなさん案外知りません

ゴルフ

ロストボールの対応にみるような、人に迷惑がかからないように時間短縮のためのルールがローカルルールの典型なものです。

人に迷惑がかからないように場面場面でルールを柔軟に変更する。

ゴルフが紳士のスポーツと呼ばれる所以ですね。

浅田真央!日本人初の2度目優勝…採点問題?キム・ヨナは世界に猛批判

浅田真央

フィギュアスケート:グランプリ(GP)ファイナル

日本人初の2度目の優勝を決めた浅田真央選手!

2014年明けから何とも嬉しいニュースです。

フィギュアスケートの華!
フリー演技ではトリプルアクセルを2回も入れて
浅田真央の意気込みも凄いものでした。

しかしどちらも綺麗には演技出来ずに、
フリー演技を終えた真央ちゃんの表情も難しいもの。

浅田真央

2度目の優勝

演技後のコメントでは

「トリプルアクセルを2度チャレンジした事は、今後の演技に活かせると思います。」

といった前向きなコメント。

ソチ五輪でも超注目選手の浅田真央にとって、
今回のフィギュアスケートGPは、
とても良いステップとなったのではないでしょうか。

http://youtu.be/Tz9X2xCe-Ww

一般の人にとってフィギュアスケートGP優勝なんて
想像もする事は出来ませんが(笑)

浅田真央1度目の優勝は15歳の時、7年前でしたが、
2度目の優勝でソチ五輪を前に『成長』を、
ファンやライバルにも魅せられたのではないでしょうか。

一方その頃……フリーで1位のキム・ヨナ

キム・ヨナ 批判

浅田真央選手のライバルとして認識?されてるキム・ヨナ選手。

そのキム・ヨナが世界中から痛烈批判をされています。

その理由が2回のミスをしても浅田真央よりも上という評価。

これに対して関係者からも、

「おかしい、本当に間違っている…」

という信じられないというコメント。

キム・ヨナ

キム・ヨナはスケート選手としては誰もが認める実力。

しかしその影にはいつも審査疑惑が付きまとっていました。

今回はそれが爆発?という結果に……。

専門的な事はわからない視聴者でも、
詳しい人からは信じられないというコメントがあります。

ただこんな両選手にも厳しいコメントも。

「公平な採点を求めますが、浅田真央はいつまでも「お遊戯」のような表現力。誰もが一生懸命なのは当たり前の世界でその中でこそ一番輝くのが勝者。浅田真央選手にはセンスが無い…。」

というもの。

ただコレはずっと小さい頃から見ている親心のようなものとも取れる?と思います。

世界中にファンが多いフィギュアスケート。

ソチ五輪では誰もが納得のいく審査にも期待したい所です。

ルパンvsコナン【感想】小さな名探偵にルパンも思わず冷や汗!?勝負の行方は一体どこへ…?

ルパンVSコナン

ルパン三世vs名探偵コナンでは
ネットやサンデーなどでは何度か絡みが見れますよね。
作者同士の対談なんてのも見られました。

実際映画として公開されたのは
当時としては衝撃を感じましたよね。
どちらも好きなものなのですが
やはりどちらも「負ける姿」が想像できません。

そして2013年の12月に新たな映画
「ルパン三世vsTHE MOVIE」
が公開され、周囲では期待の声が上がっています。

ルパンVSコナン

そこで一作目となるルパン三世vs名探偵コナン
の内容を思い出しながら少し振り返ってみましょう。

スペシャル番組として制作

その舞台となっているのはヴェスバニア王国。

美しい自然や町並みが多く残るこの国で
女王と王子が猟銃事故で死亡してしまい
世界的ニュースへと発展する。

その後、残された王妃だけでは国を
まとめることが難しく相次いで
デモが発生し、錯乱状態となる。

そんな状態で日本でのパーティーへと参加し、
自分と瓜二つの顔をもつ「毛利欄」と出会い
お互いの願いが一致し、
衣装を交換し、事件へとかかわっていく。

ヴェスバニア王国へといってしまった蘭は
どういう状況なのかあまり理解できないため混乱。

そのころ、ルパン三世が秘宝
「クィーンクラウン」を狙い城へ潜入し、
追っていた銭型警部が姫(蘭)の護衛と
ルパン三世の逮捕の任務へついた。

そして蘭を助けるため、
コナンと小五郎は王国へ向かい
銭型と協力していく。

というあらすじ(ストーリー)でしたよね。

見ていない人もいるかもしれませんので
重要な中身にはあまり触れませんが

この中でも自分的に記憶に残っているものとして

ルパンが一度狙って失敗していることだったり
事件の真相と最後が印象深かったり

と今までの付箋が描かれたりしており
とても良い作品だったことを覚えています。

ルパンVSコナン

さて最終的な勝負の行くへというのは
あの場合一体どうなるのでしょうか。

  • 宝石を盗めたらルパンの勝ち
  • 盗まれなかったらコナンの勝ち

ということなのでしょうか?

しかし当の本人たちは
負けたとも思っていないでしょうか。

これについては次回作の
THE MOVIEに期待するしかありません。

皆さんも機会があれば
第一作目からご覧になってみては
いかがでしょうか?

【挑戦】楽天 田中将大 マーくんメジャー行きが決定的!予告動画

田中将大 メジャーリーグ

ここに来て田中投手のメジャーリーグ行きが決定的になった模様です。

最初はチーム全体が移籍に関しては否定的というか、

メジャー行きを言い出せないような雰囲気に包まれてましたから。

田中将大 メジャーリーグ

球団のオーナーでもある楽天の三木谷さんも、

「行かせるつもりはない。」

と、田中将大投手のメジャーリーグ行きを否定。

それが「若者が米国へ挑戦するのはいいこと!」

と、自身の方針を転換。

田中将大 メジャーリーグ

本当はどうだっかのかはわかりませんが、
かなりキツい選択だったんではないでしょうか?

と、ニュースだけをみればこの辺りまでしか
書いちゃいけないのかな?なんて邪推してしまいます。

というのもこの三木谷さん。

思いっきりアメリカ推しの人です。

語弊がある表現ですね、すみません。

しかし自身の書籍、成功のコンセプトでも、
アメリカ在住時代に学んだ事について強く触れています。

良い意味でのアメリカ推し。

しかしどうでしょう?

巨人VS楽天

比べてはいけません。ダメなのかもしれませんが、

同じ日本プロ野球の巨人(ジャイアンツ)の……。

コレ以上は触れてはいけない
タブーとして良く話があがりますが(苦笑)

その人だったらこの決断はあったでしょうか?

許可は降りたのでしょうか?

なんせ優勝チームのエースです。

楽天

来年からのチームつくりも、ハッキリ言ってしまえば、

1からのスタート。

話は大きく脱線しましたが(^_^;)

田中投手の今後の活躍は日本中の注目の的ですね!

現役メジャーリーガーで、田中投手とも仲良しのダルビッシュ有投手も、

マーくんについて語っています。

ダルビッシュ有

そんなマー君の話題となると、常にセットとして登場していた、

ハンカチ王子こと斎藤佑樹投手。

この前話題になってた頃に斎藤投手が好きで、試合まで観に行った人に

「斎藤選手って今どこのチームか知ってる?」

と訪ねてみたら、

「え?まだやってるの?」

と返答がありました。

斎藤佑樹

ブームってのは、恐ろしい。

お二人とも頑張って欲しいです!応援しています!

本当だった!本田圭佑 ACミラン移籍決定。来年1月から背番号は「10」【動画】

本田圭佑 ACミラン

イタリア強豪チームとしても、

日本での知名度的にも超有名な「ACミラン」

acmilan

本田の移籍先ACミラン

このチームへ日本のエースストライカー
本田圭佑選手の移籍が決定しました!

ACミランはここ最近の決定力不足…
そして話題不足?に色々な思いがあったと言われています。

本田圭佑選手の加入で勢いが付くかどうか?

本田圭佑 ACミラン

本田は確かに目立つ選手!
日本の選手らしくない言動と行動、
何より結果で他を圧倒します。

感じで言えばイチロー選手に何処か似ているように思います。

「他は関係ない」本田圭佑 最新動画

良い意味での自分中心的な動き。
こうやって本田圭佑を見ていると、
やはり周りの意見ってのは結構適当なんだなぁと思います。

レーシックの失敗が噂されて世間が色々と言った時も、

きっちりとプレイで応えていたように思います。

ACミラン 背番号10番入り 本田圭佑 ユニフォームレプリカ

もう既にミランの公式ショップで、
HONDAの名前入りユニフォームが販売されるとか!?

ACミラン

早すぎる(笑)

ここらへんもさすがは名門チーム?

リバウド、ルイコスタ、カフー、カカ、

スーパースター軍団の仲間入りする本田圭佑。

懸念されるチーム力の低迷

本田加入にはもちろん様々な理由があります。

中でも一番言われているチーム力の低迷。

ACミランは名門チームとしての実力を、
ココ最近は出しきれていないようです。

そこで2013年の絶好調 本田圭佑 動画

永遠のライバル、インテルの長友選手とのミラノダービーは後2回ありますが、
対戦が実現するのは日程上1度だけになりそうなのが残念…!

新天地で羽ばたけ!ACミラン 本田圭佑!