芥川賞の賞金はいくら?歴代受賞作品や直木賞との違いについて【画像】

芥川賞の賞金はいくら?

芥川賞とは日本文学振興会が贈呈する文学賞の一つです。

芥川賞を受賞すれば名誉もさることながら賞金も出ます。

芥川賞は文学賞の中でも特に注目されていて、

受賞した時にはテレビや雑誌、ニュースにも取り上げられます。

芥川賞 賞金

芥川賞の賞金は100万円です。

しかも副賞としての100万円で、正賞は『懐中時計』が授与されます。

芥川賞 懐中時計

正賞が懐中時計ということは、その価値はスゴイの?

懐中時計はロンジン製のもので価格は20万円くらい…言われています。

テレビやニュースなどでも聞く「芥川賞」の受賞賞金は、

合計しても120万円くらいとされています。

芥川賞を受賞するメリット

当然誰もが一度は聞いた事のある賞です。

受賞作品を読みたいという人がドッと増えますので、本がどんどん売れます。

そして次の作品はどんな作品だろう?と、

「芥川賞受賞作家」という揺るぎない肩書きを得ることができますので、

ぶっちゃけた話、少々変な本を書いても売れてしまうそうです。

これが受賞者にとっては一番の「賞金」かもしれませんね。

芥川賞と直木賞の違いについて

最もわかりやすく簡単に説明すると…

  • 芥川賞→作品に与える賞
  • 直木賞→作家に与える賞
更に詳しく説明すると…
  • 芥川賞とは?

正確には「芥川龍之介賞」と言い、

小説家「芥川龍之介」の業績を記念した賞です。

芥川 龍之介

芥川 龍之介

株式会社文藝春秋(ぶんげいしゅんじゅう)による文学賞です。

  • 直木賞とは?

「直木三十五賞」と言い、

主に大衆文学の『新人』に与えられる文学賞でしたが、

現代では新人であるかどうかに限らず、誰でも受賞対象となっています。

直木三十五

直木三十五

どちらも昭和10年に、菊池寛さんが創設して1年に2回発表されています。

芥川賞 歴代受賞作品

昭和10年の第1回受賞 石川達三『蒼氓(そうぼう)』に始まり、

>>蒼氓改版 [ 石川達三 ]

翌年昭和11年の下半期には、厳選な審査を行い結果を発表する賞なので、

早速「該当者」が存在しません。

その後も何度か受賞しない発表会もありました。

ここ数年で有名なのはやはり第130回受賞作品である、

金原ひとみ『蛇にピアス』と、綿矢りさ『蹴りたい背中』ですね。

受賞最年少記録を大幅に更新したパワフルな2人。

ここ最近ですと、西村賢太『苦役列車』、田中慎弥『共喰い』などが有名です。

読書家にとっても今後出る作品に少なからず「影響を与える賞なので、

毎回発表を楽しみに待っています。

スポンサードリンク

コメントを残す