【巻積雲(けんせきうん)】うろこ雲、いわし雲、ひつじ雲 違い 天気予報

うろこ雲

冬って空気が澄んでいるせいか

空が綺麗だなーとなんとなく眺めていたら

まだら模様の雲が流れてました。

そういえば雲から天気がわかる!

って聞いたことあるなーと思い調べてみると結構面白い!

まだら模様の雲は何??

コレはひつじ雲って言うらしい。

ひつじ雲

ひつじ雲

似たような雲(というより見た目が似ててわかりづらいが…)で

うろこ雲いわし雲てものもあるんだそう。

雲で天気がわかる?

へぇ~と思いつつ色々見ていると

うろこ雲といわし雲は巻積雲っていう分類だそうで

うろこ雲

うろこ雲

見た目は小さい雲がたくさん集まってて、

高度5km~13kmくらいの高さにできるんだそう。

でも正直どちらも一緒にしか見えない(-“-)

いわし雲

いわし雲

で、この雲が出ると天気は下り坂になるそう。

次にさっき見たひつじ雲。

この雲が出ると翌日は雨の確率が高いそう。

それに「うろこ雲」が出ると地震が…という話も聞きますね。

天気予報が当たらなくなったワケ

そういえばここ数年、天気予報が当たらないですね。

用事や仕事で出かけた時に予想に反して雨に降られた時は

ほんとショックです。

先日の全国的な大雪なんか、当たらなくて

ニュースでも相当叩かれてましたよね。

そもそも、天気予報が当たらなくなったのって何でか知ってます?

日本の天気予報は全国にる気象観測所のデータを集めて観測する

「アメダス」と、観測装置が搭載された、

気象衛星ひまわり7号によって収集された情報を元に

スーパーコンピュータが予測を出すそうです。

アメダスの観測地点の密集度やスーパーコンピュータの演算能力

の限界も予想が当たりにくい一つの要因みたいです。

気象庁も頑張ってる!?

でも、気象庁も色々工夫を凝らしているみたいで

今、気象庁のホームページでは、

天気予報の表示の下にその予報にどのくらい自信があるのか

A~Cランクで記載されています。

なかなか親切な取り組みですね(*^_^*)

天気予報に便利なツール

一番手頃でよく見るのは携帯ですね。

スマホを持っている人におススメなアプリが

WEATHERNEWSとソラダス天気予報。

WEATHERNEWSは会員やアプリを使用している人からの

リアルな情報が掲載されていたり情報量が豊富です。

ソラダス天気予報は有料会員になれば、

スマホの画面に自動的に天気の変化を通知してくれます。

忙しく、外を移動されている方は必須アプリでしょう!

これから、天気予報の精度もあがっていくでしょうが、

最近は異常気象も多いので、自分で天気への備えも怠らずに

時には一息ついて空を見上げるのもどうでしょうか??

集団パニックの事例と、パニックの対処方法

集団パニックの事例

集団パニックの事例

パニック ― 集団が非論理的な行動を取る。

集団パニックは「集団ヒステリー」と言い換えられる場合もあります。

最近起こった集団パニックの事例では、

兵庫県上郡市で起こった女子高生18人集団パニックが記憶に新しいと思います。

[集団パニック 動画]

この事例では泣き喚いたり、呼吸がどんどん速くなっていき

「過呼吸」の状態が18人も同時に起こりました。

集団パニックの発症は、一人の恐怖が他の皆に伝染していき発症します。

この事例でも一人の女子高生が原因で次々と発症していき、

集団パニックに陥りました。

集団パニックの事例

集団パニック

パニックとは人や動物に突然襲い掛かる恐怖状態。

心拍数は120を越えると「パニック状態」と判断されます。

集団パニックの事例は他にも多数あり、すぐに思い浮かぶのは「地震」です。

関東大震災の時も集団パニックがありました。

予防策としてシェルターや避難場所を、しっかりと確保してアナウンスを行なっているのですが、

それが いざ 本当に地震や天災が来ると中々普段の判断をする事が難しくなります。

パニックに陥りそうになるときはまず深呼吸。

呼吸を整える事が一番です。

呼吸を整え、脳に酸素を送ります。

頭をスッキリさせる事によって普段の自分を取り戻し、

冷静に判断が可能となります。

とはいえ、この事例でもあるように集団パニックを一度発生させると、

少々の事では治める事が難しいのが現状です。

今回の事例ですと一人も『冷静』な人が居なかったのが原因とも言えます。

他に気になるのは取り上げられていたように「霊感があった」という証言ですが、

これも本当の所はわかりません。

何しろパニック状態での発言という風に判断されてしまうからです。

集団パニックを抑えるには、

あれこれと考えるよりもまず冷静になるために、深呼吸しましょう。

そしてまだそれほど酷い症状になっていない人を探し、一緒に皆に落ち着くように言います。

落ち着きを皆と共有する為に他の人に協力を仰ぎましょう。

一人の力では集団パニックを抑える事は余程の何かが無い限り不可能です。

集団パニックの事例と対処方法について覚えておきましょう。