お年玉の相場はいくらがいいの?小学生・中学生、赤ちゃんへは必要?

お年玉の相場昔と比べて随分変わりました。

お年玉の相場は幾らが適正なのか?

相場は年代によっても大きく変わってきます。

お年玉 相場

お年玉 相場

いざ、お年玉をあげる事になると、あげる子の年齢に注意しましょう。

一般的なお年玉の相場
  • 赤ちゃん 0円~1,000円
  • 幼稚園 0円~1,000円
  • 小学校低学年 1,000円~3,000円

ここまではほんとにお祝いの気持ち優先です(笑)

問題は小学校の高学年になってから…

  • 小学校高学年 3,000円~5,000円
  • 中学生 5,000円~10,000円
  • 高校生 10,000円
  • 大学生 10,000円

ほぼこの範囲内であれば問題ないと思います。

ただ地方では大学生にお年玉を渡す事も少なくなりました。

お年玉 小学生 低学年・高学年

ここらへんの年齢が一番悩みます。
ご近所さんや仲の良い友人にも聞いてみましょう。

お年玉 中学生

友達と比べたりする事が多くなるのが理由ですね。
自分がお年玉を貰っていた頃もクラス内で話題になったものです。

お年玉 中学生

中学生になると、子供によってはあまりお年玉自慢をしなくなります。
なので、例としてある5,000円~10,000円が妥当かと思います。

ただ、10,000円をあげた時のテンションは、
こちらまで嬉しくなってしまいます(笑)

その子の中で大きな影響を与える人物になります(大袈裟)

お年玉 赤ちゃん

赤ちゃんへのお年玉は本当に気持ちです。

ただあげるのとあげないのでは印象が違います。
どちらかと言えば、お母さんへの礼儀という感じですね。

ここで間違えても大きな金額を入れないように注意して下さい。
逆にお母さんを困らせてしまいます。

また、乳幼児の場合にはお金ではなく、
お菓子屋おもちゃをあげるという事もあります。

クリスマスプレゼントと同じような感覚ですね。

この時も、ちょっと日にちが近いので
なるべく大きな金額の物は避けましょう。

お母さんが気を使ってしまいます。

悩んでしまったら、お年玉の相場は1万円以内。
と覚えておきましょう。それ以上はあげすぎです。

ただ“あげない”というのも避けましょう。

日本の大切な文化です。楽しんであげましょう。
勿論無理のない範囲で、です。

スポンサードリンク

コメントを残す