蕁麻疹(じんましん)が出来るの原因はストレスが関係している【まとめ】

突然全身がかゆくなる蕁麻疹(じんましん)。

誰もが一度経験したことがあるかもしれません。

蕁麻疹が発症し
その症状を悪化させる様々な増悪因子というのがあります。

  • 細菌やウイルスにの感染によっての悪化
  • ストレスによる心の状態によっての悪化
  • 疲労によっての悪化
  • 入浴によっての悪化
  • 運動によっての悪化
  • 暑さや光などの物理的刺激によっての悪化
  • 食物によっての悪化
  • 月経によっての悪化

様々な増悪因子で、症状が悪化します。

一番多いのは、ストレスと疲労です。

蕁麻疹ストレス原因2

これらの、増悪因子を避けることができれば
生活への影響が少なくなります。

蕁麻疹の患者の人の中には

  • なぜ発症してしまうのか?
  • いつ発症してしまうのか?

極度に恐るあまり、
かえって強いストレスを感じて症状を悪化させる人もいます。

自己暗示によって症状が楽になこともあります。

ストレスは、心と密接な関係があります。
このストレスが関係する蕁麻疹は
心理療法や、薬物療法が有効です。

蕁麻疹ストレス原因

リラックスをさせることが非常に有効的です。

驚きなのは、蕁麻疹の原因が特定できた例は
極めて少ないという事です。

蕁麻疹にも種類があります。
まず最も頻度の高い特発性蕁麻疹。

この蕁麻疹は直接的誘因がなく
先ほど書いた増悪因子が背景となりえますが
はっきりとした原因はわかりません。

次に刺激誘発型蕁麻疹
原因としては特定の刺激や負荷が存在します。

次にアレルギー性蕁麻疹
食べ物、薬物、植物、昆虫の毒素等が原因で
30分以内に発症することが多いです。

これらの蕁麻疹の治療はどうしたらいいのでしょうか。

取りあえず、静かに過ごすことと
なるべく刺激を与えない事が大事です。

中心となるのは薬物療法です。
坑ヒスタミン薬や坑アレルギー薬などの内服薬を飲みます。
大部分の人が数日で症状がおさまります。

正しい知識を知って蕁麻疹と向き合っていきたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す