エルメスのバックと言えばバーキン?バーキンとケリーどっちが上なの?

近くの商店街のセレクトショップの新聞チラシに目をやると、

カラフルなエルメスのバックが目に留まりました。

金額を見ると、エルメスのバーキンが18万円。

意外と安い!

と思ったらよくよく見ると180万円でした。

エルメスバーキン

「エルメス バーキン25 トゴ リップスティック Q刻印 1,860,000円」

えっ、と目を疑いたくなる金額です。

エルメスのバックってこんなに高いんだ。俄然興味が湧いてきます。

インターネットを見てみると、あるわあるわ、上には上があります。

「エルメス バーキン 35 ローズシェヘラザード クロコダイル ボロサス シルバー金具 7,980,000円」

なんと、ななひゃくきゅうじゅうまんえん /( ̄ロ ̄;)\ まじ~~?

中古のマンションが買えるお値段です。

エルメス

エルメスのバーキンというと、私はモナコの王妃を思い浮かべたのですが、

それは間違いだったようで、ケリーバックが正解なんですね。

所詮エルメスに関する男の知識なんてこんなもんです。

それに引き換え女性にとってのエルメルは

「すべての女性の憧れ」として「夢のエルメス」なんて言われたりしています。

バックの最高峰と言われるバーキンとケリーですが、どっちが上なんでしょうかね?

色々調べてみると、甲乙を付けるとか、

どっちが上かなんて、そもそもナンセンスな気がしてきました。

ケリー派とバーキン派はおられると思いますが、

どっちが上かなんて言い争いをするような女性は

そもそもエルメスにはふさわしくないんですね。

それほどバーキンもケリーも、価値判断から超越した

極みに存在すると言ってもいいのではないかと思います。

1837年にパリで創業したエルメスは、

1935年にケリーを、1984年にバーキンを発表しています。

エルメスケリー

バーキンの方が新しいブランドなんですね。

それもそのはず、名前の元となった女優で歌手のジェーン・バーキンさんはまだ生きておられるのですよ。

自分の名前が世界の女性の憧れの的だなんて、うらやましい。

私もいつかは妻にエルメスをプレゼントしたいものです。

エルメスケリー ブラウン

その時、はじめてのエルメスはバーキンかケリーか?

楽しく悩みたいと思っています。

スポンサードリンク

コメントを残す