堀越二郎 ジブリ映画『風立ちぬ』の主人公の人物像。実際に設計した零戦(ぜろせん)

堀越二郎はジブリ映画「風立ちぬ」の主人公。

堀越二郎が登場する「風立ちぬ」は、

宮崎駿さんがモデルグラフィックスという雑誌で連載していた

漫画を元にアニメーション映画化となりました。

風立ちぬ 漫画

風立ちぬ 漫画

堀越二郎をピックアップした作品は書籍などでも沢山あり、

その名前をご存知の方も多数いらっしゃいました。

今回ジブリ映画になった事で、

日本のほとんどの人の記憶に残る人物となりました。

堀越二郎は零戦の設計者

堀越二郎は実在の人物で手がけた零式艦上戦闘機(零戦)は、

  • 七試艦上戦闘機
  • 九試単座戦闘機
  • 零式艦上戦闘機

作品のあらすじは堀越二郎の10代~30代を中心に物語が進み、

実際に堀越二郎の遺族に了解を得て構成されています。

ポスターにある堀辰雄って?

堀辰雄さんは小説「風立ちぬ」の著者であり、ジブリ映画『風立ちぬ』は、

堀辰雄さんの小説の思想も盛り込まれています。

だからポスターは「堀越二郎と堀辰雄に敬意を込めて」となっています。

ジブリ作品は社会現象にもなる事がよくありますが、

今回の風立ちぬも、もう一度「戦争」というテーマに触れ、

見たひとの心に印象を残します。

また今作では『恋愛』というテーマにも触れていて、

ヒロインの菜穂子との恋…それも遠距離恋愛。

数回の手紙をやり取りするという、なんとも胸が苦しくなるような内容で、

観たひとの心を揺さぶります。

風立ちぬは、公開前から「予告」で既に感極まって、

涙してしまう人が続出…という話もうなずける内容です。

堀越二郎は群馬県出身の民間人ですが、

設計した零戦に搭乗した事は一度もないそうです。

堀越二郎の零戦(プラモデル)

有名な戦闘機としては烈風や雷電。

男の子ならゲームや漫画などで一度は聞いたことがある名前だと思います。

>>風立ちぬ エッチングモデルキット 1/144 九試単座戦闘機[エンスカイ]

戦後の堀越二郎は、その技術を日本初の旅客機YS-11にも残しました。

更に東京大学や防衛大学で指導にあたり、

今の飛行機時代の礎を築いだ人物です。

ジブリ映画『風立ちぬ』後世に残して伝えたい素晴らしい作品です。

スポンサードリンク

コメントを残す