猫舌なんてにゃい?考えられる3つの理由と原因

猫舌、理由、原因

寒い季節にかぎらず鍋やラーメンなどを誰かと

食べる時に猫舌だから冷まさないと食べれないという

経験が一緒に行っている方か自分がそうだという事があると思います。

しかし!この熱いものが食べれないという

猫舌には…実は、そんなものはないという声や理由があるみたいです。

猫舌なんかない!と言われる3つの理由と原因

猫舌、原因、治す

  • 子供の頃からの思いこみ

原因1 子供の頃から熱い食べ物を食べる習慣がなかったため

熱い食べ物への抵抗がないと思って猫舌と判断してしまう。

  • 食べ方が下手

原因2 熱い食べ物に慣れていないので上手に舌のコントロールが

出来ていないと言われ通常、舌の舌先に熱いと感じる神経の温点が

集まっており食べ方が下手なため敏感に触れ猫舌だと感じてしまう。

  • 舌の厚さの個人差

原因3 舌には角質層という熱さなどの刺激をやわらげる部分があり

大人になっていくうちに厚くなると言われているので

気づいたら猫舌が治っていたなんて事もあると言われています。

などが猫舌は無いと言い切れませんが、そうなんじゃないか?

と考えれれている理由になります。

またこれらは理由とされる反面、

猫舌だと感じる原因ではないかとも言われています。

猫舌、理由、原因

ちなみに猫舌は病気や遺伝が関係している事は無いとされます。

まぁ原因が分かったところで猫舌の方と食事に行った際に

「猫舌なんか無いんだよ!」って直球で言ったりすると

トラブルの元になるので、なるべくオブラートに包みながら

言われている内容を話してあげるのが

おすすめかもしれませんね(^_^;)

では治し方はにゃいの!?

ここで気にるのが猫舌を治すには

何か方法がないのかという事だと思います。

子供の頃からの思い込みなども関係しているので

猫舌、治し方、原因、訓練

猫舌を治すには舌の角質が厚くなるなどがあるため

時間が必要かもしれませんが食べ方を工夫して

訓練すれば多少は猫舌を軽減できると言われています。

猫舌と感じる舌先にある温点などを食べる時に

なるべく避けて空気を口の中に入れながら食べると

熱さを感じにくいとされているので猫舌で苦しんでいる方は

試してみるのも良いかもしれません。

でも訓練だからと言って熱いものをバンバン食べると

火傷(やけど)の原因になるので無理せず食べてみてくださいね。

突き指は引っ張ると危険!正しい処置や治し方を知っておく

突き指、引っ張る、処置

指にボールなど倒れた際などに

ズキッ」と突き指をした経験は結構多いと思います。

子供の頃などは突き指をした時に

突き指したときは引っ張ると治るよ!と

よく言われた方もいると思いますが

突き指の時に引っ張るのは骨や指にとって危険みたいです。

突き指で引っ張ると何が危険?

突き指は、読んで字の如く何かで指を突いたから

突き指と言われておりますが

実際は指の関節が衝撃などにより

突き指、引っ張る、処置

激しく伸ばされたり関節のねじれや腱の損傷などが原因で起こる

  • 捻挫とだいたいは言われています。

なので突き指した時は「捻挫」になるので

よく子供の頃に聞いた激しく引っ張るような事をすると

返って突き指の症状を悪化させ靭帯や腱の損傷を広げてしまい

余計に治すのに時間が掛かってしまいます。

突き指の種類

また「普通の突き指だから」と思っていたら

実は骨折、腱断裂などの酷い症状に見舞われますので

素人が勝手な知識で引っ張るような事をすると

指の形が変わったり指が曲がったまま戻らないという状況も

ありうるので突き指した際は正しい処置や

治し方をしっておくことが必要です。

突き指の正しい処置&治し方

突き指の正しい処置方法や治し方について

いちばん大事なので「冷やす」事とされています。

そして出来るだけ突き指をした患部を曲げたりせずに

湿布やサロンパス等をまいてテーピングで固定するのが

正しい治療法と言えます。

患部の炎症が広がってくると痛みが増すので

湿布どが無い場合は氷などでも処置できます。

また治している段階での治療期間は約1ヶ月ほどで

突き指をした患部の腫れがひかない事や

少し曲がっているなど感じた時は早めに

お近くの整形外科に行きレントゲンなどの診察を受け

医師の判断を聞くことが正しい治し方になります。

症状が重い場合は外科手術をするケースもあるので

ただの突き指と思わず早めに診断を受けてくださいね。