難病 ギランバレー症候群 誰でも発症する可能性がある?

ギランバレー症候群と聞いて
すぐにどんな病気か分かる人は少ないと思います。

ギランバレー症候群は、
1年間に10万人に1人が発症すると言われる難病で、
近年では、釈由美子さん、大原麗子さん、
中村うさぎさんが発症したと言われています。

難病ということですが、
意外にも数多くの方が発症されています。

ギランバレー症候群

ギランバレー症候群は一体どのような症状なのでしょうか?
  • 手足の先がしびれ始めて感覚が鈍くなる
  • 手足の力が入らなくなり、歩けなくなる
  • 胸を大きく動かせず呼吸ができにくくなる

普段の生活に大きく支障をきたします。

この症状の表れ方も人それぞれ違うようです。

  • 喉から症状が来て食べ物が飲み込みにくくなる
  • 便意が感じられなくなる

と、本当に様々です。

ギランバレー症候群の何が原因で発症するのでしょうか?

実ははっきりとした原因が分かっていません。

ギランバレー症候群 原因

これは驚きです。

その一つの説としてウイルスや細菌は、
人間の運動神経と似た構造をしています。

風邪を引いたり、下痢をした時に、
原因となったウィルスを排除しようとして、
血液中に抗体という物質ができます。

その際に誤って、
自分の運動神経を攻撃するような、
自己抗体ができます。

その自己抗体が運動神経の機能を傷害し、
手足の筋肉が動かなくなるようです。

難病というだけに完治するのは難しいことなのでしょうか?

実は神経系内科系の病気の中では完治しやすい病気なのです。

しかしこれも個人差があり、1か月後に完治する人もいれば、
1年経っても完治せずに手や足に、
動かせない部分が残ってしまう人もいます。

ギランバレー症候群 効果的な治療法としては2つ

免疫グロブリン大量療法血症交換があります。

免疫グロブリン大量療法

最先端の治療法で免疫グロブリンという、
他の人の血液から取って集めた血液製剤を、5日間点滴します。

長所はどこでも施せる点で、短所は肝機能障害を併発しやすいです。

血症交換

機械を通して体内の血症を入れ替えてしまうという治療法です。

運動神経を攻撃する悪い抗体を取り去ってしまいます。

拒否反応が出たり頭痛などの副作用が出たりします。

ギランバレー症候群は、
赤ちゃんからお年寄りまで、誰もが発症する可能性がある病気です。

一刻も早く原因究明と画期的な治療法が見つかることを願います。

スポンサードリンク

コメントを残す