バッテリーあがり…突然起こった時の対処方法!つなぎ方【まとめ】

バッテリー上がりの時、ブースターケーブルのつなぎ方をミスると…?

バンッ!・・・

車が・・・壊れます。

これはバッテリー上がり時で
最悪のケース場合ではありますが事実です。

つなぎ方を間違ったせいでエンジンルームが火を吹いたり、
ヤケドを負ってしまったりすることだってあるのです。

バッテリー上がりだからといって軽くみてはいけません。

しかしバッテリー上がりを簡単に考えている人や、
つなぎ方を勘違いしている人は結構いますので、
そんなあなたには良い機会です。

車を乗る機会のある人なら、いざという時のために!

正しいつなぎ方を覚えてしまいましょう。

まず前提として、バッテリーが上がってしまった場合、
JAFなどのサービス会員になっている方でしたら、
迷わず呼んで対処してもらいましょう。

バッテリー上がり

やはり自分で何とかしようとすると、
少なからずリスクを覚悟しなくてはならないので、
できるだけプロフェッショナルの手を借りた方が懸命です。

しかし、JAF会員になっていなかったり、
ディーラーのサービスを受けられない状況だったり、
お財布がキビしかったりした場合には
自分でバッテリー上がりの事態に立ち向かうしかありません。

自己責任でチャレンジしてくださいね。

以下にバッテリー上がりの際のつなぎ方を記載します。

  1. 救護車両(友達の車など)を手配する
  2. ブースターケーブルを用意する
  3. 赤はプラス(+)黒はマイナス(-)と覚える
  4. 故障車両のバッテリーの(+)部分に赤いブースターケーブルを挟む
  5. 救護車両のバッテリー(+)部分に赤いブースターケーブルを挟む
  6. 救護車両のバッテリー(-)部分に黒いブースターケーブルを挟む
  7. 故障車両のエンジン本体(エンジンフック部分)に黒いブースターケーブルを挟む
  8. 救護車両のエンジンをかけたままの状態で5分ほど充電させる
  9. 故障車両のエンジンをかける
  10. ブースターケーブルを付けた時と反対の順番で外す

最重要注意点は、絶対にプラスとマイナスを
同じ色のケーブルで繋いではいけないこと。

絶対にです。

これを間違えると端子が吹っ飛んだりするので非常に危険です。

気をつけて下さい。

それとセルモーターを回すのは10秒までで、
エンジンがかからなかった場合には
またしばらく充電してからキーを回してください。

あとブースターケーブルは、
なるべく太いものを常備しておくことをオススメします。

安価な細いものだと過電流に耐えられないケースがあります。

少しだけ高いかもしれませんが、
バッテリー上がりは突然やってきます。

備えあれば憂いなしですからね。

スポンサードリンク

コメントを残す