足がつると聞くとサッカー選手などを

思い浮かべてしまいそうですが

実は身近な症状で、色んな傾向があるみたいです。

足がつると疑って欲しい病気は?

まず足がつる症状とは筋肉が収縮や痙攣を

起こしたりする事が原因で出る症状です。

よく言われる、通常の足がつる事で考えられる原因

運動不足

疲労

加齢による筋肉の減少

筋肉の冷え

などが挙げられています。

足がつる,原因

また睡眠中に足がつる事は加齢による筋肉の減少が

よくあり、筋肉が少ない為、体内の栄養分の補給が

若い頃のように上手くできなくなり足がつるという症状に

繋がるとされています。

しかし、足がつる経験をして、そのまま何も考えず

放置していると中には病気に繋がる疑いがある場合もあり

足がつる時に疑ってほしい各病気は…

  • 閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)
  • 脳梗塞
  • 椎間板ヘルニア
  • 腎疾患
  • 糖尿病
  • 脊柱管狭窄症(せきちゅうくだきょうさくしょう)
  • 甲状腺障害

など、様々な病気が潜んでいる事がわかりました。

そして上記で挙げられている病気の場合は

足がつる症状も含んで特徴が色々とあるみたいで

歩く事が困難になってくるような歩行障害や

手足にむくみ、しびれの症状が現れてくるらしく

足をつることが多くなってきて自分の体に

特徴とされる症状が出てきた場合は注意が必要です。

足がつる、病気、疑い

また病気の疑いが無い場合に足がつる事は

大半は生活習慣を修正していくと症状は治るとも

言われています。

足がつることが起きたら病気にも疑うをかけて

考えてみるのも早期発見になるのでポイントです。

足がつらないようにする改善方法は?

足がつることを改善したいと思う人は

まず第一に生活習慣の見直しから始めてもらったほうが

病気に繋がる症状か、どうかを見極めやすいと思います。

足がつる、ストレッチ

そして足がつる症状は、クセになりやすいので

普段もそうですが寝る前やお風呂からあがった時に

ゆっくり筋肉を伸ばしたりストレッチを心がけてくださいね。

これだけでも足がつる回数を減らせることができ

体内の血行促進にも繋がってきます。

また食生活でも偏った食事は減し

果物、野菜、海藻、牛乳といったミネラル分を多く含んで

いる食事に改善してみてください。

そして、病気の疑いがある特徴が続くようであれば

早めに病院に行き検査や医師の指示を仰いでください。

おすすめの記事