回復期リハビリテーションとは?その目的と内容。療養との違いについて

回復期リハビリテーションは、いわゆる『リハビリ』の事です。

回復期リハビリテーションの目的

回復期リハビリテーションでの目的は『在宅復帰』を目指すことにあります。

食事を摂る、歩行する、衣類の着脱、といった日常生活での行動が出来るようになるのが目的です。

脳卒中の場合ですと急性期リハビリテーション後、約二週間程である程度ですが症状が安定してきます。

立ち上がったり、ベッドから起き上がるのも問題なく行えるようになります。

しかし、ここで注意すべき点はそれらの行為が無理なく出来るか?という事だけでなく『後遺症』や『障害』が残っているのかどうか?という点がハッキリとしてくる時期ですので、しっかりと確認していきましょう。

回復期リハビリテーションの内容

日常生活の動作に何か不都合がないか?という事で、以下の3段階を確認していきます。

  • 機能障害:精神機能や身体機能が低下していたり、失われている状態です。
  • 能力低下:機能障害によって日常生活の能力が低下してしている状態です。
  • 社会的不利:機能障害と能力低下により、日常生活や仕事など問題がありえる状態です。

以上の3段階の状態をきちんとチェックし、どのような内容で、またはどのようなスケジュールで回復期リハビリテーションを進めていくかを決定します。

回復期リハビリテーションは専門の病棟やトレーニングルーム訓練室などリハビリ専門の病院へ移り行なっていきます。

回復期リハビリテーション

リハビリと療養との違い

似ているような内容なので間違える人も多いです。

どちらもリハビリは行うのですが目的が違います。

回復期リハビリテーションは『症状の回復』が目的であり、症状の回復がみられたら転院。保険上でも多くリハビリを行えるよう認められています。

療養とは、治療の必要な場合は『医療型』、治療の必要が無い場合は『介護型』と言い、いずれも療養は『長期の生活』が目的となります。

同じリハビリでも『症状の回復』と『長期の生活』目的が違うので覚えておきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す