ウソ?ホントの話!みかんの食べ過ぎは身体に悪いという噂

冬は寒くて乾燥しますよね。

ついついあったかいコタツに入り
ぬくぬくとすごしていたくなります。

特に正月なんかはこたつに入って
もう「コタツムリ」状態の人も多いのでは?

コタツに欠かせないもの…

みかん

それはみかんですよね。

年々みかんの消費量は減少傾向にあるらしいのですが、冬は様々な家庭でみかんを購入しませんか?

それも箱単位で。

みかん

  • おいしい
  • 手ごろ
  • 栄養価も高い
  • 安い

とどれをとってもいいこと尽くめ
なのですが、そんなみかんも
一度に大量に食べてしまっても良いのでしょうか?

ネットの記事などでは
「果糖は砂糖とカロリーは大差ない」
という文面を見たとこがあります。

みかんの食べすぎは発ガン性のリスクを高める?

こんな噂も耳にしたことがあります。

そのせいで
「もしかしたら食べすぎは身体に悪い!?」

みかん

なんて思う人も少なからずいますよね。

ですが心配ありません。

果物から果糖を摂取する場合は
消化しやすく脂肪に変換されにくい
という性質を持っているほか
新陳代謝を良くする効果があります。

つまりダイエットにもってこいということです

また、発がん性の件ですが
確かに食べすぎはそのリスクが生まれます。

でもそれは、一日に50個、60個と毎日のように食べる人に
当てはまるので、ぜんぜん気にすることはありません。

みかん

みかんを食べるデメリットとしては

  • 汁が飛んで目に入るとすごく痛い
  • 剥くと指先が黄色くなってしまう

ということぐらいです。

汁は仕方ありませんが
剥き方はいろいろあります。

自分がお勧めなのは4分割する
「和歌山剥き」という方法です。
この方法はとても楽なので
興味のある方は調べてみるのもありですよ。

さむい冬はコタツでみかん。
これはもう決まりですね。

おいしいみかんをたくさん食べて
寒い冬を乗り切りましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す